人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 12日

南無妙法蓮華と弥陀念仏は師子と犬と日輪と星との光くらべのごとしと説いた【松野殿後家尼御前御返事】

【松野殿後家尼御前御返事】
■出筆時期:弘安二年三月二十六日(西暦1279年) 五十八歳 御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書を送られた松野殿後家尼は六老僧の一人、蓮華阿闍梨日持上人の母であり、また娘は南条兵衛七郎に嫁ぎ、同じく駿河に住む南条家とは姻戚関係にあった。尚、夫松野六郎左衛門は駿河国松野に永精寺(現静岡市蓮永寺)を建立、日持が永精寺一世となっている。 本書は後家尼御前の度々のご供養について「法華経の第四の巻には釈迦仏・凡夫の身にいりかはらせ給いて法華経の行者をば供養すべきよしを説かれて候、釈迦仏の御身に入らせ給い候か」と讃えられると共に、末代に南無妙法蓮華経と唱へることは「仏(釈尊)のたとへを説かせ給うに一眼の亀の浮木の穴に値(あ)いがたきにたとへられる」ほど有難い事であると説いている。
■ご真筆: 現存していない。

[松野殿後家尼御前御返事 本文]

 法華経第五の巻安楽行品に云く、文殊師利此法華経は無量の国の中に於て乃至名字をも聞くことを得べからず云云。此の文の心は我等衆生の三界六道に輪回(りんね)せし事は或は天に生れ、或は人に生れ、或は地獄に生れ、或は餓鬼に生れ、畜生に生れ無量の国に生をうけて無辺の苦しみをうけてたの(楽)しみにあひしかども一度も法華経の国には生ぜず。たまたま生れたりといへども南無妙法蓮華経と唱へず。となふる事はゆめ(夢)にもなし人の申すをも聞かず。仏のたとへを説かせ給うに一眼の亀の浮木の穴に値いがたきにたとへ給うなり。心は大海の中に八万由旬の底(そこ)に亀と申す大魚あり。手足もなくひれ(鰭)もなし、腹のあつき事はくろがねのやけるがごとし、せなか(背中)のこう(甲)のさむき事は雪山ににたり。此の魚の昼夜朝暮のねがひ時時剋剋の口ずさみには腹をひやしこう(甲)をあたためんと思ふ。赤栴檀(しゃくせんだん)と申す木をば聖木と名つく、人の中の聖人なり。余の一切の木をば凡木と申す、愚人の如し。此の栴檀の木は此の魚の腹をひやす木なり。あはれ此の木にのぼりて腹をば穴に入れてひやしこう(甲)をば天の日にあてあた(暖)ためばやと申すなり。自然のことはりとして千年に一度出る亀なり。しかれども此の木に値(あう)事かたし。大海は広し亀はちいさし浮木はまれ(稀)なり。たとひよ(余)のうきき(浮木)にはあへども栴檀にはあはず。あへども亀の腹をえり(彫)はめたる様にがい分に相応したる浮木の穴にあひがたし、我が身をち入りなばこう(甲)をもあたためがたし、誰か又とりあぐべき。又穴せば(狭)くして腹を穴に入れえずんば波にあらひをとされて大海にしづみなむ。たとひ不思議として栴檀の浮木の穴にたまたま行きあへども我一眼のひがめる故に浮木(うきぎ)西にながるれば東と見る、故にいそいでの(乗)らんと思いておよげば弥弥(いよいよ)とをざかる。東に流るを西と見る南北も又此くの如し云云。浮木にはとをざかれども近づく事はなし。是の如く、無量無辺劫にも一眼の亀の浮木の穴にあひがたき事を仏説き給へり。此の喩をとりて法華経にあひがたきに譬ふ、設ひあへどもとな(唱)へがたき題目の妙法の穴にあひがたき事を心うべきなり、大海をば生死の苦海なり亀をば我等衆生にたとへたり。手足のなきをば善根の我等が身にそな(具)はらざるにたとへ、腹のあつきをば我等が瞋恚(しんに)の八熱地獄にたとへ、背のこう(甲)のさむきをば貪欲の八寒地獄にたとへ、千年大海の底にあるをば我等が三悪道に堕ちて浮(うか)びがたきにたとへ、千年に一度浮ぶをば三悪道より無量劫に一度人間に生れて釈迦仏の出世にあひがたきにたとう。余の松木ひ(檜)の木の浮木にはあひやすく栴檀にはあひがたし。一切経には値いやすく法華経にはあひがたきに譬へたり。たとひ栴檀には値うとも相応したる穴にあひがたきに喩うるなり。設ひ法華経には値うとも肝心たる南無妙法蓮華経の五字をとなへがたきにあ(値)ひたてまつる事のかたきにたとう。東を西と見、北を南と見る事をば我れ等衆生かし(賢)こがほに智慧有る由をして勝を劣と思ひ劣を勝と思ふ。得益なき法をば得益あると見る、機にかなはざる法をば機にかなう法と云う。真言は勝れ法華経は劣り、真言は機にかなひ法華経は機に叶はずと見る是なり。

 されば思いよらせ給へ仏、月氏国に出でさせ給いて一代聖教を説かせ給いしに、四十三年と申せしに始めて法華経を説かせ給ふ。八箇年が程、一切の御弟子皆如意宝珠のごとくなる法華経を持ち候き。然れども日本国と天竺とは二十万里の山海をへだてて候しかば、法華経の名字をだに聞くことなかりき。釈尊御入滅ならせ給いて一千二百余年と申せしに漢土へ渡し給ふ。いまだ日本国へは渡らず、仏滅後一千五百余年と申すに日本国の第三十代・欽明天皇と申せし御門(みかど)の御時、百済国より始めて仏法渡る。又上宮太子と申せし人唐土より始めて仏法渡させ給いて其れより以来今に七百余年の間、一切経並に法華経はひろまらせ給いて、上一人より下万人に至るまで心あらむ人は法華経を一部或は一巻或は一品持ちて或は父母の孝養とす。されば我等も法華経を持つと思う。しかれども未だ口に南無妙法蓮華経とは唱へず、信じたるに似て信ぜざるが如し。譬えば一眼の亀のあひがたき栴檀の聖木にはあいたれどもいまだ亀の腹を穴に入れざるが如し。入れざればよしなし須臾に大海にしづみなん。我が朝七百余年の間此の法華経弘まらせ給いて、或は読む人、或は説く人、或は供養せる人、或は持つ人稲麻竹葦よりも多し。然れどもいまだ阿弥陀の名号を唱うるが如く南無妙法蓮華経とすすむる人もなく唱うる人もなし。一切の経一切の仏の名号を唱うるは凡木にあうがごとし。未だ栴檀ならざれば腹をひやさず、日天ならざれば甲をもあたためず、但目をこやし心を悦ばしめて実なし、華さいて菓(このみ)なく言のみ有りてしわざなし。但日蓮一人ばかり日本国に始めて是を唱へまいらする事、去ぬる建長五年の夏のころより今に二十余年の間、昼夜朝暮に南無妙法蓮華経と是を唱うる事は一人なり。念仏申す人は千万なり。予は無縁の者なり、念仏の方人(かたうど)は有縁なり高貴なり。然れども師子の声には一切の獣(けもの)声を失ふ、虎の影には犬恐る。日天東に出でぬれば万星の光は跡形もなし。法華経のなき所にこそ弥陀念仏はいみじかりしかども、南無妙法蓮華経の声出来しては、師子と犬と日輪と星との光くらべのごとし。譬えば鷹と雉(きじ)との・ひとしからざるがごとし、故に四衆とりどりにそねみ上下同くにくむ、讒人国に充満して奸人土(ところ)に多し、故に劣を取りて勝をにくむ。譬えば犬は勝れたり師子をば劣れり、星をば勝れ日輪をば劣るとそし(誹)るが如し。然る間邪見の悪名世上に流布し、ややもすれば讒訴し、或は罵詈せられ、或は刀杖の難をかふる、或は度度流罪にあたる。五の巻の経文にすこしもたがはず。さればなむだ(涙)左右の眼にうかび悦び一身にあまれり。

 ここに衣は身をかくしがたく食は命をささへがたし。例せば蘇武が胡国にありしに雪を食として命をたもつ。伯夷は首陽山にすみし蕨(わらび)ををりて身をたすく、父母にあらざれば誰か問うべき、三宝の御助にあらずんばいかでか一日片時も持つべき、未だ見参にも入らず候人のかやうに度度御をとづれのはんべるはいかなる事にやあやしくこそ候へ。法華経の第四の巻には釈迦仏凡夫の身にいりかはらせ給いて法華経の行者をば供養すべきよしを説かれて候。釈迦仏の御身に入らせ給い候か、又過去の善根のもよをしか。竜女と申す女人は法華経にて仏に成りて候へば、末代に此の経を持ちまいらせん女人をまほらせ給うべきよし誓わせ給いし。其の御ゆかりにて候か、貴し貴し。

弘安二年己卯三月二十六日   日  蓮  花押
松野殿後家尼御前御返事

by johsei1129 | 2019-11-12 21:09 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23220199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 法華経勧持品の悪世の行者に刀杖...      父親からの勘当にもめげす法華経... >>