人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 02日

第六に本迹相対して一念三千を明かすことを示すとは 六【三重秘伝抄第一】


(いわ)んや(また)久成を以って始成を奪う(とき)真の一念三千に非ざること汝亦之を知れり。若し実に然らずんば蓮祖何ぞ無実を以て台宗を破すべけんや。次の文に云わく「本門に至りて始成正覚を破れば四教の果を破る。四教の果を破れば四教の因破れぬ。爾前迹門の十界の因果を打ち破って本門十界の因果を説き顕す。是れ即ち本因本果の法門なり、九界も無始の仏界に()仏界十界互具一念三千云云。
 始成正覚我実成仏已来(このかた)無量無辺云云是れ即ち爾前迹門の始成正覚を一言に大虚妄(だいこもう)なりと破る文なり。天台云く云云。宗祖云く云云。「四教の果を破れば四教の因破る」等とは広くは玄文第七巻の如し、此の中に「十界の因果」とは是れ十界各具の因果には非ず、因は是れ九界、果は是れ仏界の故に「十界の因果」と云ふなり、並びに釈尊の因行を()げて通じて九界を収むるなり、「是れ則ち本因本果の法門」とは(ここ)深秘(じんぴ)の相伝有り、所謂(いわゆる)文上と文底なり、今は(しばら)文上に約して此の文を消するなり。本因は即ち是れ無始の九界なり、故に経に云く「我(もと)菩薩の(どう)を行ぜし時、成ずる所の寿命、今(なお)未だ尽きず」等云云。天台云く「所住に登る(すで)(じょう)寿(じゅ)()等と云云。既に是れ本因常住なり、故に「無始の仏界」と云ふ、本因(なお)常住なり、何に況んや本果をや。故に経に云く「我実に成仏してより已来(はなは)大いに久遠にして寿命無量阿僧祇劫なり、常住にして滅せず」と云云。既に是れ本果常住なり、故に「無始の仏界」と云ふ。本有(ほんぬ)常住(じょうじゅう)名体(みょうたい)()じつ)
の一念三千なり。故に真の十界互具・百界千如・一念三千と云ふなり。

日享上人註解

○蓮祖何ぞ無実を以て等とは、天台所依(しょえ)の法華経(ことごと)是真実であるなら宗祖が天台過時と(しりぞ)け給ふは無実の()(ごん)であろう末法無益と破し給ふは欺罔(ぎもう)(きょう)()であろう、大聖(みだ)りに此の様な()(げん)を吐き給はんや。故に到る(ところ)に時機に約して切実に末法の要行を説いて空理(かん)(げん)破斥(はしゃく)せらるゝのである。

○無始仏界○無始九界とは、無始は最初の別名である。法は常住であるから過去は無始で未来は無終である。又九界に約すれば本因妙で、仏界に約すれば本果妙である。

○経に云わく我実等とは、寿量品の報仏菩提(ぼだい)本門久遠正覚(しょうかく)伽耶(がや)()(じょう)(はら)御文である。

○天台云云、宗祖云云とは文証()(ばく)引文である。

○玄文第七とは、玄義七に広く本門の十妙を明かすの下に(くわ)()である。

○深秘相伝とは、(ここ)文上文底第二文底秘沈抄相伝てある。

○今且く文上に約すとは、今文は本迹相対の上の法門であるから本門当分の義で判釈を加へてをく。故に本因と云ふも本果と云ふも(ただ)(これ)文上(もんじょう)辺にり、久遠元初文底ていない文亦此

○経に云わく我本行等とは、天台に従へば我本行菩薩道は本因妙の文で、所成寿命等は本寿命妙の文である。

○天台云わく登初住時等とは、我本行菩薩道を釈する文句九の文である、文上の本門は初住位から本因妙に取ってある。其れは仏円因行を修して初住位に登った時は既に常住の寿命を得てをらるゝ。其の因寿命尽き難うして上(経文)の無量阿僧(あそう)祇劫(ぎこう)である、()寿常住寿(なお)(さら)あるべきであである。

○経に云わく我実成仏等とは、本果妙の文である。

○本有常住名体俱実等とは、迹門の一念三千は本有(ほんぬ)常住根底本無(ほんむ)(こん)()有名(うみょう)無実であも、本門の一念三千久遠常住根底本有常住であ名体(みょうたい)()(じつ)である。

 第六に本迹相対して一念三千を明かすことを示さば 七 に続く

三重秘伝抄 目次
六巻抄 目次




by johsei1129 | 2014-11-02 19:08 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23218925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第六に本迹相対して一念三千を明...      第六に本迹相対して一念三千を明... >>