人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 25日

法華経は釈尊一代聖教の大綱であり「成仏得道の教」であると断じた【観心本尊得意抄】

【観心本尊得意抄(かんじんのほんぞんとくいしょう)】
■出筆時期:建治元年十一月二十三日(西暦1275年 五十四歳 御作。下総の豪信徒、富木常忍に対して与えられた書。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:下総の豪信徒・富木常忍より、同郷の信徒・曾谷教信が観心本尊抄を誤って解釈「迹門は未得道であるから(法華経)方便品は読誦しない」と主張していると知らされた事に対し「叡山天台宗の過時の迹を破し候なり・略・(方便品は読誦しないのは)不相伝の僻見にて候」と断じ、また近くに住む天台宗の能化(指導者)が「(立正)安国論には爾前の経を引き文証とする事自語相違と不審の事」との報告について、釈尊一代聖教は大綱と網目があり「所詮成仏の大綱を法華に之を説き其の余の網目は衆典に之を明す」と本御書にて明快に断じている。尚本書の題号である「得意」とは観心本尊抄の真意を得る意味であろう。
■ご真筆: 現存していない。

[観心本尊得意抄] 本文

 鵞目一貫文、厚綿の白小袖一つ、筆十管(かん)、墨五丁給び畢んぬ。

 身延山は知ろし食(めす)如く、冬は嵐はげしくふり積む雪は消えず極寒の処にて候間、昼夜の行法もはだ(膚)うすにては堪え難く辛苦にて候に、此の小袖を著ては思い有る可からず候なり。商那和修は付法蔵の第三の聖人なり。此の因位を仏説いて云く「乃往(むかし)過去に病の比丘に衣を与うる故に、生生・世世に不思議自在の衣を得たり」と。今の御小袖は彼に似たり。此の功徳は日蓮は之を知る可からず。併ながら釈迦仏に任せ奉り畢んぬ 。

 抑も今の御状に云く、教信の御房、観心本尊抄の「未得」等の文字に付て迹門をよまじ(不読)と疑心の候なる事、不相伝の僻見にて候か。去る文永年中に此の書の相伝は整足して貴辺に奉り候しが、其の通りを以て御教訓有る可く候。所詮・在在・処処に迹門を捨てよと書きて候事は、今我等が読む所の迹門にては候はず。叡山天台宗の過時の迹を破し候なり。設い天台伝教の如く法のままありとも、今末法に至ては去年の暦の如し。如何に況や慈覚自り已来、大小権実に迷いて大謗法に同じきをや。然る間、像法の時の利益も之無し増して末法に於けるをや。

  一 北方(ほくけ)の能化難じて云はく、爾前の経をば未顕真実と捨て乍ら、安国論には爾前の経を引き、文証とする事自語相違と。不審の事・前前(さきざき)申せし如し。総じて一代聖教を大に分つて二と為す。一には大綱二には網目なり。初めの大綱とは成仏得道の教なり。成仏の教とは法華経なり。次に網目とは法華已前の諸経なり。彼の諸経等は不成仏の教なり。成仏得道の文言、之を説くと雖も但名字のみ有て其の実義は法華に之有り。伝教大師の決権実論に云く「権智の所作は唯名のみ有て実義有ること無し」云云。但し権教に於ても成仏得道の外は説相空しかる可からず、法華の為の網目なるが故に。所詮成仏の大綱を法華に之を説き、其の余の網目は衆典に之を明す。法華の為の網目なるが故に法華の証文に之を引き用ゆ可きなり。其の上法華経にて実義有る可きを、爾前の経にして名字計りののしる事全く法華の為なり。然る間尤も法華の証文となるべし。

 問う、法華を大綱とする証如何。答う、天台は「当に知るべし、此の経は唯如来説教の大綱を論じて網目を委細にせざるなりとなり。問う、爾前を網目とする証如何。答う妙楽の云く「皮膚毛綵(もうさい)衆典に出在せり」云云。問う、成仏は法華に限ると云う証如何。答う、経に云く「唯一乗の法のみ有て二も無く亦三も無し」文。問う、爾前は法華の為との証如何。答う、経に云く「種種の道を示すと雖も仏乗の為なり」。委細申し度く候と雖も心地(ここち)違例して候程に省略せしめ候、恐恐謹言。

十一月二十三日   日蓮花押

富木殿御返事
帥殿の物語りしは、下総に目連樹と云う木の候よし申し候し、其の木の根をほりて十両ばかり、両方の切目には焼金を宛てて紙にあつ(厚)く・つつみて風ひかぬ様にこしらへて、大夫次郎が便宜に給び候べきよし御伝えあるべく候。

[観心本尊得意抄] 本文 完。

by johsei1129 | 2019-10-25 07:03 | 富木常忍・尼御前 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23004786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 真言僧・強仁上人の法論要求に「...      富木常忍が法友・大田乗明、曾谷... >>