人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 12日

日蓮の名号は富士山の実名・大日蓮華山、及び日本の日に由来することを日興上人に口伝した【産湯相承事】

【産湯相承事(うぶゆそうじょうじ】
■出筆時期:弘安五年十月八日(西暦1282年)、六十一歳。大聖人より日興上人に口伝される。
■出筆場所:大聖人が御遷化なされてた池上仲宗邸にて口伝により相伝される。
■出筆の経緯:弘安五年九月十八日に大聖人は池上仲宗邸に到着、そして翌月十月十三日に御遷化なされるが、その間後を託した日興上人に、本因妙抄、身延山附属書等の血脈相承書を託されているが、そのなかで自身の出生についての謂れ、日蓮の日文字の由来等についても口伝されている。
■ご真筆: 現存しない。時代写本:左京日教筆(富士大石寺所蔵)


[産湯相承事 本文]

                                                日興之を記す
御名乗りの事、始めは是生(ぜしょう)実名は蓮長と申し奉る・後には日蓮と御名乗り有る御事は、母梅菊女童女の御名なり平の畠山殿の一類にて御座す云云。法号妙蓮禅尼の御物語之ある事は、我に不思議の御夢想あり、清澄寺に通夜申したりし時、汝が志(こころざし)真に神妙(しんみょう)なり一閻
                      
 
父母夫婦先表の口伝
浮提(えんぶだい)第一の宝を与えんと思うなり。東条の片海に三国(みくに)の太夫(たゆう)と云う者あり、是を夫(おとこ)と定めよと云云。七歳の春三月二十四日の夜なり、正(たしかに)今も覚え侍(はべ)るなり。我父母に後れ奉りて已後、詮方なく遊女(たわれ

                        聖人托胎の口伝
め)の如くなりし時御身の父に嫁(とつ)げり。或夜の霊夢(れいむ)に曰く、叡山(えいざん)の頂(いただき)に腰をかけて近江の湖水を以て手を洗ひ、富士の山より日輪の出でたもうを懐(いだ)き奉ると思うて、打ち驚いて後月水留ると夢物語りを申し侍れば、父の太夫我も不思議なる御夢想を蒙むるなり。虚空蔵菩薩貌吉児(こくうぞうぼさつみめよきちご)を御肩に立て給う。

                聖人上行菩薩の口伝、並びに是生の口伝
此の少人(しょうじん)は我が為には上行菩提薩捶(さった)なり。日の下(もと)の人の為には生財摩訶薩捶なり。亦一切有情(うじょう)の為には行く末三世常恒(じょうごう)の大導師なり。是を汝に与えんとの給うと見て後、御事懐妊(おんことかいにん)の由を聞くと語り相(あ)いたりき。さてこそ御事は聖人なれ。

        聖人の御生まれ仏の御誕生に殊ならざる口伝
 又産生まるべき夜の夢に、富士山の頂に登つて十方を見るに、明なる事掌(たなごころ)の内を見るが如く三世明白なり。梵天(ぼんてん)・帝釈(たいしゃく)・四大天王等の諸天悉(ことごと)く来下して、本地自受用報身如来(ほんちじじゅゆうほうしんにょらい)の垂迹(すいじゃく)上行菩薩の御身を凡夫地に謙下(けんげ)し給う。御誕生は唯今なり、無熱池(むねっち)の主阿那婆達多竜王(あるじあなばだったりゅうおう)、八功徳(くどく)水を汲み来るべきなし、当に産湯(うぶゆ)に浴(ゆあみ)し奉るべしと諸天に告げ給えり。仍て竜神王・即時に青蓮華(しょうれんげ)を一本荷(ひともとにな)い来れり。其の蓮より清水を出して御身を浴(ゆあみ)し進らせ侍りけり。其の余れる水をば四天下に灑(そそ)ぐに、其の潤(うるお)いを受くる人畜・草木・国土世間悉く金色の光明を放ち、四方の草木花発らき菓成る。
男女座を並べて有れども煩悩(ぼんのう)無し。淤泥(おでい)の中より出づれども塵泥(じんでい)に染まざること、譬(たと)えば蓮華の泥より出でて泥に染まざるが如し。人・天・竜・畜共に白き蓮を各手に捧(ささ)げて、日に向つて「今此三界(こんしさんがい)、皆是我有(かいぜがう)、其中衆生(ごちゅうしゅじょう)、悉是吾子(しつぜごし)、唯我一人(ゆいがいちにん)、能為救護(のういくご)」と唱え奉ると見て驚けば、則ち聖人出生し給えり。「毎自作是念(まいじさねん)、以何令衆生(いがりょうしゅじょう)、得入無上道(とくにゅうむじょうどう)、速成就仏身(そくじょうじゅぶっしん)」と苦我渧(くがな)き給う。

 我と少し寐(まどろ)みし様なりし時、梵帝等の諸天一同音に唱えて言く、善哉善哉・善日童子、末法教主勝釈迦仏と三度唱えて作礼而去(さらいにこ)し給うと寤(うつつ)に見聞きしなりと、慥(たしか)に語り給いしを聞(きこ)し食(め)し、さては某は日蓮なりと言ひしなり。
聖人重ねて曰う様は、日蓮が弟子檀那(だんな)等悲母の物語りと思うべからず、即ち金言なり。其の故は予が修行は兼(か)ねて母の霊夢(れいむ)にありけり。日蓮は富士山自然の名号なり。富士は郡名(ぐんみょう)なり、実名をば大日蓮華山と云うなり、我中道(ちゅうどう)を修行する故に是くの如し。国をば日本と云ひ、神をば日神と申し、仏の童名をば日種(にっしゅ)太子と申し、予が童名をば善日、仮名は是生、実名は即ち日蓮なり。

 久遠下種(くおんげしゅ)の南無妙法蓮華経の守護神の我国に天下り始めし国は出雲なり。出雲に日の御崎(みさき)と云う所あり。天照太神始めて天下り給う故に日の御崎と申すなり。

                                        生仏法界一如の口伝
 我が釈尊・法華経を説き顕し給いしより已来十羅刹女と号す。十羅刹と天照太神と釈尊と日蓮とは一体異名にして本地垂迹(すいじゃく)の利益広大なり、日神と月神とを合して文字を訓(くん)ずれば十なり。十羅刹と申すは、諸神を一体に束(たば)ね合せたる深義なり。日蓮の日は即日の神、昼なり。蓮は即月の神、夜なり。月は水を縁とす、蓮は水より生ずる故なり。又是生とは日の下の人を生むと書きたり。

    本門下種の口伝 
 日蓮天上天下一切衆生の主君なり、父母なり。師匠なり。今久遠下種の寿量品に云く「今此三界皆是我有主君の義なり其中衆生悉是吾子父母の義なり而今此処多諸患難(にこんししょたしょげんなん)国土草木唯我一人能為救護師匠の義なり」と云えり。

三世常恒(じょうごう)に日蓮は今此三界の主なり。「日蓮大恩、以希有事、憐愍教化、利益我等、無量億劫、誰能報者」なるべし。
若し日蓮が現在の弟子並びに未来の弟子等の中にも、日文字を名乗の上の字に置かずんば、自然の法罰を蒙(こうむ)るべし。予が一期の功徳は日文字に留め置くと御説法ありし儘(まま)、日興謹んで之を記し奉りしなり。
  聖人言く、此の相承は日蓮嫡嫡(ちゃくちゃく)一人の口決、唯授(ゆいじゅ)一人の秘伝なり、神妙神妙と言給ひて留め畢(おわ)んぬ。

[産湯相承事 本文] 完。




by johsei1129 | 2019-10-12 09:45 | 血脈・相伝・講義 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22913786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日蓮大聖人自らが末法の本仏であ...      日蓮一期の弘法を付属された日興... >>