人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 05日

大聖人が佐渡にて始めて紙幅にしたためた大御本尊の成仏の根拠を解き明かした書【草木成仏口決】

【草木成仏口決(そうもくじょうぶつぐけつ】
■出筆時期:文永九年(西暦1272年) 二月二十日 五十一歳 御作 弟子最蓮房に与えられた書
■出筆場所:佐渡ヶ島・塚原三昧堂にて述作
■出筆の経緯:大聖人が佐渡ヶ島流罪中、他宗の僧らとの法論を聞いて弟子になった天台の学匠・最蓮房からの「草木成仏」に関しての問いに対してに答えた書。草木成仏とは非情の成仏で、佐渡にて大聖人が始めて紙幅にしたためた『一念三千の法門をふりすすぎたてたる大曼荼羅』は、非情の草木成仏であることを説きあかしている。
■ご真筆: 現存しない。

[草木成仏口決 本文]

問うて云く草木成仏とは有情非情の中何れぞや、答えて云く草木成仏とは非情の成仏なり。問うて云く情非情共に今経に於て成仏するや、答えて云く爾(しか)なり。問うて云く証文如何。答えて云く妙法蓮華経是なり。妙法とは有情の成仏なり。蓮華とは非情の成仏なり。有情は生の成仏、非情は死の成仏、生死の成仏と云うが有情・非情の成仏の事なり。其の故は我等衆生死する時塔婆を立て開眼供養するは、死の成仏にして草木成仏なり。
 止観の一に云く「一色一香中道に非ざること無し」と。妙楽云く「然かも亦共に色香中道を許す無情仏性惑耳驚心(わくにきょうしん)す」と。此の一色とは五色の中には何れの色ぞや、青・黄・赤・白・黒の五色を一色と釈せり。一とは法性なり、爰(ここ)を以て妙楽は色香中道と釈せり。天台大師も無非中道といへり。一色一香の一は二三相対の一には非ざるなり。中道法性をさして一と云うなり。所詮・十界・三千・依正等をそなへずと云う事なし。此の色香は草木成仏なり。是れ即ち蓮華の成仏なり。色香と蓮華とは、言(ことば)はかはれども草木成仏の事なり。

 口決に云く「草にも木にも成る仏なり」云云。此の意は草木にも成り給へる寿量品の釈尊なり。経に云く「如来秘密神通之力」云云。法界は釈迦如来の御身に非ずと云う事なし。理の顕本は死を表す、妙法と顕る。事の顕本は生を表す、蓮華と顕る。理の顕本は死にて有情をつかさどる。事の顕本は生にして非情をつかさどる、我等衆生のために依怙(えこ)・依託(えたく)なるは非情の蓮華がなりたるなり、我等衆生の言語・音声、生の位には妙法が有情となりぬるなり。

我等一身の上には有情非情具足せり。爪(つめ)と髪(かみ)とは非情なり、きるにもいたまず、其の外は有情なれば、切るにもいたみ・くるしむなり。
一身所具の有情非情なり。此の有情・非情、十如是の因果の二法を具足せり。衆生世間・五陰世間・国土世間、此の三世間・有情非情なり。
 一念三千の法門をふ(振)りすす(濯)ぎたてたるは大曼荼羅なり。当世の習いそこないの学者ゆめにもしらざる法門なり。

天台・妙楽・伝教、内にはかが(鑑)みさせ給へどもひろめ給はず。一色一香とののしり惑耳驚心とささやき給いて、妙法蓮華と云うべきを円頓止観とかへさせ給いき。されば草木成仏は死人の成仏なり。此等の法門は知る人すくなきなり。所詮・妙法蓮華をしらざる故に迷うところの法門なり。敢(あえ)て忘失する事なかれ、恐恐謹言。

二月二十日                                     日蓮花押
最蓮房御返事

by johsei1129 | 2019-10-05 19:55 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22877651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日蓮大聖人自らが末法の本仏であ...      日蓮門下の信徒教化のため「俱... >>