日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 30日

先師日蓮は末法の本仏であるとし、天台沙門を唱える五老僧の浅智を厳然と破折した書「五人所破抄」三

[五人所破抄 本文]その三

一、 又五人一同に云く、先師所持の釈尊は忝くも弘長配流の昔之を刻み、弘安帰寂の日も随身せり、何ぞ輙く言うに及ばんや云云。
日興が云く、諸仏の荘厳同じと雖も印契に依つて異を弁ず。如来の本迹は測り難し眷属を以て之を知る。所以に小乗三蔵の教主は迦葉・阿難を脇士と為し、伽耶始成の迹仏は普賢文殊左右に在り、此の外の一躰の形像豈頭陀の応身に非ずや。凡そ円頓の学者は広く大綱を存して網目を事とせず、倩聖人出世の本懐を尋ぬれば、源と権実已過の化導を改め、上行所伝の乗戒を弘めんが為なり。図する所の本尊は亦正像二千の間・一閻浮提の内未曾有の大漫荼羅なり。今に当つては迹化の教主既に益無し、況やたた婆和の拙仏をや。次に随身所持の俗難は只是れ継子一旦の寵愛、月を待つ片時の螢光か。執する者尚強いて帰依を致さんと欲せば、須らく四菩薩を加うべし、敢て一仏を用ゆること勿れ云云。

一、 又五人一同に云く、富士の立義の体為らく啻に法門の異類に擬するのみに匪ず。剰え神無の別途を構う、既に以て道を失う誰人か之を信ぜんや。
 日興が云く、我が朝は是れ神明和光の塵・仏陀利生の境なり。然りと雖も今末法に入つて二百余年・御帰依の法は爾前迹門なり、誹謗の国を棄捨するの条は経論の明文にして先師の勘うる所なり。何ぞ善神・聖人の誓願に背き新に悪鬼乱入の社壇に詣でんや。但し本門流宣の代、垂迹還住の時は尤も上下を撰んで鎮守を定む可し云云。

一、 又五人一同に云く、如法・一日の両経は共に以て法華の真文なり。書写・読誦に於ても相違有るべからず云云。
 日興が云く、如法・一日の両経は法華の真文為りと雖も、正像転時の往古、平等摂受の修行なり。今末法の代を迎えて折伏の相を論ずれば一部読誦を専とせず。但五字の題目を唱え、三類の強敵を受くと雖も諸師の邪義を責む可き者か。此れ則ち勧持不軽の明文、上行弘通の現証なり。何ぞ必ずしも折伏の時摂受の行を修すべけんや。但し四悉の廃立二門の取捨宜く時機を守るべし、敢て偏執すること勿れ云云。

一、 又五人の立義既に二途に分れ戒門に於て持破を論ず云云。
 日興が云く、夫れ波羅提木叉の用否・行住四威儀の所作、平嶮の時機に随い持破に凡聖有り。爾前迹門の尸羅を論ずれば一向に制禁す可し。法華本門の大戒に於ては何ぞ又依用せざらんや。 但し本門の戒躰・委細の経釈・面を以て決すべし云云。

一、 身延の群徒猥に疑難して云く、富士の重科は専ら当所の離散に有り。縦い地頭非例を致すとも先師の遺跡を忍ぶべきに、既に御墓に参詣せず、争か向背の過罪を遁れんや云云。
  日興が云く、此の段顛倒の至極なり、言語に及ばずと雖も未聞の族に仰せて毒鼓の縁を結ばん。夫れ身延興隆の元由は聖人御座の尊貴に依り、地頭発心の根源は日興教化の力用に非ずや。然るを今下種結縁の最初を忘れて劣謂勝見の僻案を起し、師弟有無の新義を構え理非顕然の諍論を致す。誠に是れ葉を取つて其の根を乾かし、流を酌んで未だ源を知らざる故か。何に況や慈覚・智証は即伝教入室の付弟、叡山住持の祖匠なり。若宮八幡は亦百王鎮護の大神、日域朝廷の本主なり。然りと雖も明神は仏前に於て謗国捨離の願を立て、先聖は慈覚を指して本師違背の仁と称す。若し御廟を守るを正と為さば円仁所破の段頗る高祖の誤謬なり。非例を致して過無くんば、其の国棄捨の誓い都べて垂迹の不覚か。料り知んぬ悪鬼外道の災を作し、宗廟社稷の処を辞す、善神聖人の居は即ち正直正法の頂なり。抑身延一沢の余流未だ法水の清濁を分たず、強いて御廟の参否を論ぜば汝等将に砕身の舎利を信ぜんとす。何ぞ法華の持者と号せんや、迷暗尤も甚し。之に准じて知る可し。伝え聞く天台大師に三千余の弟子有り。章安朗然として独り之を達す。伝教大師は三千侶の衆徒を安く、義真以後は其れ無きが如し。今日蓮聖人は万年救護の為に六人の上首を定む、然りと雖も法門既に二途に分れ門徒亦一准ならず。宿習の至り正師に遇うと雖も伝持の人自他弁じ難し。「能く是の法を聴く者此の人亦復難し」と。「此の言若し堕ちなば将来悲む可し」と。経文と解釈と宛かも符契の如し。迹化の悲歎猶此くの如し。本門の墜堕寧ろ愁えざらんや。案立若し先師に違わば一身の短慮尤も恐れ有り、言う所亦仏意に叶わば五人の謬義甚だ憂う可し。取捨正見に任す、思惟して宜しく解すべし云云。

 此の外支流異義を構え諂曲稍数多なり。其の中に天目の云く、已前の六人の談は皆以て嘲哢すべきの義なり。但し富山宜しと雖も亦過失有り。迹門を破し乍ら方便品を読むこと既に自語相違せり、信受すべきに足らず。若し所破の為と云わば弥陀経をも誦すべけんや云云。
 日興が云く、聖人の炳誡の如くんば沙汰の限りに非ずと雖も、慢幢を倒さんが為に粗一端を示さん。先ず本迹の相違は汝慥に自発するや。去ぬる比天目当所に来つて問答を遂ぐるの刻み、日興が立義一々証伏し畢んぬ。若し正見を存せば尤も帰敬を成すべきの処に還つて、方便読誦の難を致す。誠に是れ無慚無愧の甚しきなり。夫れ狂言綺語の歌仙を取つて自作に備うる卿相すら尚短才の耻辱と為す、況や終窮究竟の本門を盗み己が徳と称する逆人争か無間の大苦を免れんや。照覧冥に在り、慎まずんばあるべからず。
次に方便品の疑難に至つては汝未だ法門の立破を弁ぜず、恣に祖師の添加を蔑如す。重科一に非ず罪業上の如し。若し知らんと欲せば以前の如く富山に詣で、尤も習学の為宮仕を致す可きなり。抑彼等が為に教訓するに非ず、正見に任せて二義を立つ。一には所破の為、二には文証を借るなり。初に所破の為とは純一無雑の序分には且く権乗の得果を挙げ、廃迹顕本の寿量には猶伽耶の近情を明す。此れを以て之を思うに方便称読の元意は只是れ牒破の一段なり。若し所破の為と云わば念仏をも申す可きか等の愚難は誠に四重の興廃に迷い、未だ三時の弘経を知らず重畳の狂難嗚呼の至極なり。夫れ諸宗破失の基は天台伝教の助言にして全く先聖の正意に非ず、何ぞ所破の為に読まざるべけんや。経釈の明鏡既に日月の如し、天目の暗者邪雲に覆わるる故なり。次に迹の文証を借りて本の実相を顕すなり。此等の深義は聖人の高意にして浅智の覃ぶ所に非ず、正機には将に之を伝へんとす云云。

嘉暦三戊辰年七月草案す 日 順

[五人所破抄 本文] 完。

by johsei1129 | 2014-08-30 23:16 | 日興上人 | Comments(0)


<< 日興上人が、先師日蓮大聖人門下...      先師日蓮は末法の本仏であるとし... >>