人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 05日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】二十

【二十八品は悉く南無妙法蓮華経の事】

疏(じょ)の十に云く「惣じて一経を結するに唯四のみ。其の枢柄(すうへい)を撮(と)つて之を授与す」と。
御義口伝に云く、一経とは本迹二十八品なり。唯四とは名用体宗の四なり。枢柄とは唯題目の五字なり。授与とは上行菩薩に授与するなり。之とは妙法蓮華経なりと云へり。今日蓮等の類(たぐい)弘通の南無妙法蓮華経は体なり心なり、廿八品は用なり廿八品は助行なり。題目は正行なり、正行に助行を摂す可きなり。

一 無量義経の事
 御義口伝に云く、妙法の序分無量義経なれば十界悉く妙法蓮華経の序分なり。

一 序品
 御義口伝に云く、如是我聞の四字を能く能く心得れば一経無量の義は知られ易きなり。十界互具三千具足の妙と聞くなり。此の所聞は妙法蓮華と聞く故に妙法の法界互具にして三千清浄なり。此の四字を以て一経の始終に亘るなり。二十八品の文々句々の義理我が身の上の法門と聞くを如是我聞とは云うなり。其を聞く者は南無妙法蓮華経なり。されば皆成仏道と云うなり。此の皆成の二字は十界三千に亘る可きなり。妙法の皆成なるが故なり。又仏とは我が一心なり。是又十界三千の心なり。道とは能通に名くる故に十界の心心に通ずるなり。此の時皆成仏道と顕るるなり。皆成仏道の法は南無妙法蓮華経なり云々。

一 方便品
 御義口伝に云く、此の品には十如是を説く。此の十如是とは十界なり。此の方便とは十界三千なり。既に妙法蓮華経を頂く故に十方仏土中唯有(ゆいう)一乗法なり。妙法の方便、蓮華の方便なれば秘妙なり、清浄なり。妙法の五字は九識、方便は八識なり。八識は迷なり、九識は悟なり。妙法蓮華経方便品と題したれば迷悟(めいご)不二なり。森羅三千の諸法此の妙法蓮華経方便に非ずと云う事無きなり。品は義類同なり、義とは三千なり、類とは互具なり、同とは一念なり。此の一念三千を指して品と云うなり。此の一念三千を三仏合点し給ふなり。仍(よ)つて品品に題せり。所謂南無妙法蓮華経の信の一念より三千具足と聞けたり云云。

一 譬喩品
御義口伝に云く、此の品の大白牛車とは「無明癡惑本是法性(むみょうちわく・ほんぜほっしょう)」の明闇一体(みょうあんいったい)の義なり。即ち三千具足の一乗をかかげたる牛なれば、明闇一体の三千具足の義なり。法界に遍満したる一法なれば一乗と云うなり。此の一乗とは諸乗具足の一乗なり。諸法具足の一法なり。故に白牛は一なりといえども無量の白牛(びゃくご)なり。一切衆生の体、大白牛車なるが故なり。然らば妙法の大白牛車に妙法の十界三千の衆生乗じたり。蓮華の大白牛車なれば、十界三千の衆生も蓮華にして清浄なり。南無妙法蓮華経の法体(ほったい)此くの如し。

一 信解品
御義口伝に云く、此の信解は中根の四大声聞の領解(りょうげ)に限るに非ず。妙法の信解なるが故に十界三千の信解なり。蓮華の信解なるが故に十界三千の清浄の信解なり。此の信解の体とは南無妙法蓮華経是なり云云。

一 薬草喩品
御義口伝に云く、妙法の薬草なれば十界三千の毒草(どくそう)・蓮華の薬草なれば本来清浄(しょうじょう)なり。清浄なれば仏なり。此の仏の説法とは南無妙法蓮華経なり云云。されば此の品には種相体性(しゅそうたいしょう)の種の字に種類種(しゅるいじゅ)・相対種の二の開会之れ有り。相対種とは三毒即三徳なり。種類種とは始の種の字は十界三千なり、類とは互具なり、下の種の字は南無妙法蓮華経なり。種類の種なり。十界三千の草木各各なれども、只南無妙法蓮華経の一種なり。毒草も毒木も悉く清浄の草木にして薬草なり云云。

一 授記品
御義口伝に云く、十界己己の当体の言語一法の授記なれば本来の授記なり。蓮華の清浄の授記なり。清浄なれば十界三千の仏なり。爰を以て仏なれば南無妙法蓮華経の授を記するなり。

一 化城喩品
御義口伝に云く、妙法の化城なれば十界同時に無常なり。蓮華の化城なれば十界三千の開落(かいらく)なり。常住無常倶に妙法蓮華経の全体なり。化城宝処は生死本有なり。生死本有の体とは南無妙法蓮華経なり。釈に云く「起は是れ法性の起滅は是れ法性の滅」と。

一 五百品
御義口伝に云く、此の品には五百弟子授記作仏(じゅきさぶつ)すと現文に見えたり。然りと雖も妙法の五百なれば十界三千皆五百の弟子なり。蓮華の弟子なれば又清浄なり。所詮十界三千南無妙法蓮華経の弟子に非ずと云う事なし。此の経の授記是なり云云。

一 人記品
御義口伝に云く、此の品には学・無学の聖者来つて成仏するなり。既に妙法頂戴(ちょうだい)の学・無学なれば十界互具・三千具足の学・無学なり。妙法の学・無学なるが故に不思議十界煩悩未尽なり。蓮華の学・無学なれば十界三千清浄の開落なり。此の学・無学何物ぞや。学とは法なり、無学とは妙なり。所謂題目なり云云。

一 法師品
御義口伝に云く、妙法の法師なれば十界皆妙法受持の一句一偈の法師なり。蓮華の法師なれば十界三千・清浄の法師なり。十界衆生の色法は能持の人なり。十界の心性は所持の法なり。仍つて色心共に法師にして自行化他を顕すなり。所謂南無妙法蓮華経の法師なるが故なり云云。


[御義口伝 下 本文]その二十一に続く


by johsei1129 | 2019-11-05 21:25 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22704111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 末法の本仏の立場で法華経一部二...      末法の本仏の立場で法華経一部二... >>