人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 05日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】十九

【二十八品に一文充の大事 】
    
宝塔品

       受持也
則為疾得  無上仏道
        凡夫即極也

此の文は持者即ち円頓(えんどん)の妙戒なれば、等・妙二覚一念開悟なれば疾得(しっとく)と云うなり。所謂南無妙法蓮華経と唱え奉るは疾得なり。

提婆品
 三惑 三諦
忽然之間  変成男子

此の文の心は三惑の全体三諦と悟るを変と説くなり。所謂南無妙法蓮華経と唱え奉るは三惑即三徳なり。

勧持品

我不愛身命 但惜無上道

 此の文は色心幻化(しきしんげんけ)四大五陰本(ごおん・もと)より嘘妄なり。然るに本覚真如は常住なり。所謂南無妙法蓮華経なり。

安楽行品
一切諸法 空無所有 無有常住 亦無起滅

此の文は任運に常住の妙法なる故に、六道の生滅、本来不生と談ず故に起滅無し。所謂南無妙法蓮華経本来無起滅なり云云。

涌出品

 生死二
昼夜常精進  為求仏道故

  此の文は一念に億劫(おくごう)の辛労(しんろう)を尽せば、本来無作の三身念念に起るなり。所謂南無妙法蓮華経は精進行なり。

寿量品

                  厭離生死
 如来如実知見 三界之相 無有生死

  此の文は万法を無作の三身と見るを如実知見と云う。無作の覚体なれば何に依つて生死有りと云わんや。

分別功徳品

 持此一心福  願求無上道

  此の文は一切の万行万善、但一心本覚の三身を顕さんが為なり。善悪一如なれば一心福とは云うなり。所謂南無妙法蓮華経は一心福なり。

随喜功徳品

言此経深妙 千万劫難遇ヒイタテマツルコト
 
 此の文は、一切衆生の妙法なれば、一心の深底より顕はさん事甚深不思議なり。所謂南無妙法蓮華経不思議なり。

法師功徳品

静 散 十界なり
入禅出禅者  聞香悉能知
不変死  随縁生  題目五字なり
 
  此の文は一心静なる時は入禅、一心散乱する時は出禅、静散即本覚と知るを悉能知と云うなり。所謂南無妙法蓮華経は入禅出禅なり云云。

不軽品

応当一心 広説此経 世世値ヒタテマツリ仏 疾成仏道

 此の文は法界皆本来三諦一心に具わる事を顕せば、己心の念念仏に値う事を即ち世世値仏(せせちぶつ)と云うなり。所謂南無妙法蓮華経是なり。


神力品

十界なり  断破元品無明
是人於仏道  決定無有疑

此の文は十界各各本有本覚の十如是なれば、地獄も仏界も一如なれば成仏決定するなり。所謂南無妙法蓮華経の受持なり云云。


囑累品

信如来知慧者 当演説 此法華経

 此の文は釈迦如来の悟の如く一切衆生の悟と不同有ること無し。故に如来の智慧を信ずるは即ち妙法なり。所謂南無妙法蓮華経の智慧なり云云。

薬王品

 是真精進 是名真法 供養シタテマツルト如来

 此の文は色香中道の観念懈(おこた)ること無し。是を即ち真法供養如来と名くるなり。所謂南無妙法蓮華経唯有一乗(ゆいういちじょう)の故に真法なり。世間も出世も純一実相なり云云。

妙音品

  久遠  寂光
  身不動揺 而入三昧

此の文は即ち久遠を悟るを身不動揺(しんふどうよう)と云うなり。惑障(わくしょう)を尽くさずして寂光に入るを三昧とは云うなり。所謂南無妙法蓮華経の三昧なり云云。

普門品

(あわれみ)ノ眼視 衆生 福聚海無量

此の文は法界の依正妙法なる故に平等一子の慈悲なり。依正福智共に無量なり。所謂南無妙法蓮華経福智の二法なり云云。


陀羅尼品

       未来顕
修行是経者  令得安穏
      現在顕

此の文は五種妙行を修すれば、悟の道に入つて嶮路(けんろ)に入らざるなり。此れは安穏(あんのん)と云う事なり。所謂・南無妙法蓮華経即安穏なり云云。

厳王品

宿福深厚 生値仏法

 此の文は一句妙法に結縁すれば、億劫にも失はずして大乗無価(だいじょうむげ)の宝珠を研(みが)き顕すを生値(しょうち)仏法と云うなり。所謂南無妙法蓮華経の仏法なり。

勧発品

是人命終 為千仏授手令メタマフコト 不恐怖不堕悪趣

此の文は妙法を悟れば、分段の身(み)即常寂光と顕るるを命終と云うなり。千仏とは千如御手とは千如具足なり。故に不堕悪趣(ふだあくしゅ)なり。所謂南無妙法蓮華経の御手なり。

已上品々について別伝の事畢んぬ。

[御義口伝 下 本文]その二十に続く


by johsei1129 | 2019-11-05 21:19 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22696859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 末法の本仏の立場で法華経一部二...      末法の本仏の立場で法華経一部二... >>