人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 05日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】十八

【二十八品に一文充の大事 】
    
   合せて二十八箇条の大事秘す可し云云

序品
十界也 始覚
於無漏実相 心已得通達
妙法 不変 随縁

此の文は我が心本より覚なりと始めて覚るを成仏と云うなり。所謂(いわゆる)南無妙法蓮華経と始めて覚る題目なり。

方便品
真諦 俗諦 迹門 本門
是法住法位 世間相常住

此の文衆生の心は本来仏なりと説くを常住と云うなり。万法元より覚の体なり。

譬喩品

 大白牛車 凡夫即極 住処即寂光なり
乗此宝乗 直至道場
    極果の処也

 此の文は自身の仏乗を悟つて自身の宮殿に入るなり。所謂(いわゆる)南無妙法蓮華経と唱え奉るは自身の宮殿に入るなり。

信解品

  一念三千なり をのずから十界なり
無上宝珠 不求自得
題目五字なり

此の文は無始色心本是(もとこれ)理性妙境妙智なれば、己心より外に実相を求む可からず。所謂南無妙法蓮華経は不求自得なり。

薬草喩品

               三世     一切衆生なるべし
又諸仏子 専心仏道 常行慈悲 自知作仏(自らの知をもって仏に作る) 如我等無異([衆生を]我[仏]が如く等しくして異なること無からしむ)

 此の文は当来の成仏顕然なり。所謂南無妙法蓮華経なり。

授記品

十界実相仏 三世常住 煩悩即菩提 生死即涅槃
於諸仏所 常修梵行 於無量劫 奉持仏法
               一切業障

此の文に常と云い無量劫と云う即ち本有所具の妙法なり。所謂南無妙法蓮華経なり。

化城喩品

  三千塵点
観彼久遠 猶如今日

今日の化導末法を指して今日と心得るべきなり。此の文は元初の一念一法界より外に、更に六道四聖とて有る可からざるなり。所謂南無妙法蓮華経は三世一念なり。

五百品

日本国の一切衆生なり 心法色法
貧人 見此珠 其心大歓喜
          

此の文は始めて我心本来の仏なりと知るを即ち大歓喜(だいかんぎ)と名く。所謂南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり。

人記品

          題目
安住於仏法  以求無上道
          

此の文は本来相即の三身の妙理を初めて覚知するを、以求無上道(いぐむじょうどう)とは云うなり。所謂南無妙法蓮華経なり。

法師品

当知如是人  自在所欲生

此の文は我等が一念の妄心の外に仏心無ければ、九界の生死が真如なれば即ち自在なり。所謂南無妙法蓮華経と唱え奉る即ち自在なり。



[御義口伝 下 本文]その十九に続く


by johsei1129 | 2019-11-05 21:11 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22691141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 末法の本仏の立場で法華経一部二...      末法の本仏の立場で法華経一部二... >>