人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 05日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】十三

[御義口伝 下 本文]その十三

【陀羅尼品六箇の大事】

第一 陀羅尼(だらに)の事
御義口伝に云く陀羅尼とは南無妙法蓮華経なり、其の故は陀羅尼は・諸仏の密語(みつご)なり題目の五字・三世の諸仏の秘密の密語なり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉るは陀羅尼を弘通するなり捨悪持善(しゃあくじぜん)の故なり云云。

第二 安爾曼爾(あにまに)の事
御義口伝に云く安爾とは止なり・曼爾とは観なり、此の安爾・曼爾より止観の二法を釈し出せり、仍(よ)つて此の咒(じゅ)は薬王菩薩の咒なり薬王菩薩は天台の本地なり、安爾は我等が心法なり妙なり曼爾は我等が色法なり法なり色心妙法と呪する時は即身成仏なり云云。

第三 鬼子母神(きしもじん)の事
御義口伝に云く鬼とは父なり子とは十羅刹女なり母とは伽利帝母(かりたいも)なり、逆次(ぎゃくじ)に次第する時は神とは九識なり母とは八識へ出づる無明なり子とは七識六識なり鬼とは五識なり、流転門の時は悪鬼なり還滅門(げんめつもん)の時は善鬼なり、仍つて十界互具百界千如の一念三千を鬼子母神十羅刹女と云うなり、三宝荒神とは十羅刹女の事なり所謂飢渇神(けかつじん)・貪欲神(とんよくじん)・障碍神(しょうげじん)なり、今法華経の行者は三毒即三徳と転ずる故に三宝荒神(さんぽうこうじん)に非ざるなり荒神とは法華不信の人なり法華経の行者の前にては守護神なり云云。

第四 受持法華名者 福不可量の事
御義口伝に云く法華の名と云うは題目なり、者と云うは日本国の一切衆生の中には法華経の行者なり、又云く者の字は男女の中には別して女人を讃めたり女人を指して者と云うなり、十羅刹女は別して女人を本とせり例せば竜女が度脱苦衆生とて女人を苦の衆生と云うが如し薬王品の是経典者の者と同じ事なり云云。

第五 皐諦女(こうだいにょ)の事
御義口伝に云く皐諦女は本地は文殊菩薩なり、山海何(い)かなる処にても法華経の行者を守護す可しと云う経文なり、九悪一善とて皐諦女をば一善と定めたり、十悪の煩悩の時は偸盗(ちゅうとう)に皐諦女は当れり逆次に次第するなり云云。

第六 五番神呪の事
御義口伝に云く五番神呪とは我等が一身なり、妙とは十羅刹女なり法とは持国天王なり蓮とは増長天王なり華とは広目天王なり経とは毘沙門天王(びしゃもんてんのう)なり、此の妙法の五字は五番神呪(じんじゅ)なり、五番神呪は我等が一身なり、十羅刹女の呪は妙の一字を十九句に並べたり経文には寧上我頭上(にょうじょうがずじょう)の文是れなり、持国天は法の一字を九句に並べたり経文には四十二億と云えり、四とは生老病死・十とは十界・二とは迷悟なり、持国は依報の名なり法は十界なり、増長天は蓮の一字を十三句に並べたり経文には「亦皆随喜(やくかいずいき)」と云えり随喜の言は仏界に約せり、広目天は華の一字を四十三句に並べたり経文には「於諸衆生多所饒益(おしょしゅじょう・たしょにょうやく)」と云えり、毘沙門天は経の一字を六句に並べたり経文には「持是経者」等の文是なり云云。


[御義口伝 下 本文]その十四に続く


by johsei1129 | 2019-11-05 20:16 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22658195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 末法の本仏の立場で法華経一部二...      末法の本仏の立場で法華経一部二... >>