人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 04日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】七

[御義口伝 下 本文]その七

【常不軽品三十箇の大事】

第一 常不軽の事
御義口伝に云く常の字は三世の不軽の事なり、不軽とは一切衆生の内証所具の三因仏性を指すなり仏性とは法性なり法性とは妙法蓮華経なり云云。

第二 得大勢菩薩の事
御義口伝に云く得とは応身なり大とは法身なり勢とは報身なり、又得とは仮諦なり大とは中道なり勢とは空諦なり円融の三諦三身なり。

第三 威音王の事
御義口伝に云く威とは色法なり音とは心法なり王とは色心不二を王と云うなり、末法に入て南無妙法蓮華経と唱え奉る是れ併(しかしなが)ら威音王なり云云、其の故は音とは一切権教の題目等なり威とは首題の五字なり王とは法華の行者なり云云、法華の題目は獅子の吼ゆるが如く余経は余獣の音の如くなり諸経中王の故に王と云うなり、今日蓮等の類(たぐ)い南無妙法蓮華経と唱え奉る威音王仏なり云云。

第四 凡有所見(ぼんぬしょけん)の事
御義口伝に云く今日本国の一切衆生を法華経の題目の機なりと知見するなり云云。

第五 我深敬汝等 不敢軽慢 所以者何 汝等皆行菩薩道 当得作仏の事
御義口伝に云く此の廿四字と妙法の五字は替(か)われども其の意は之れ同じ廿四字は略法華経なり。

第 六但行礼拝(たんぎょうらいはい)の事
御義口伝に云く礼拝とは合掌なり合掌とは法華経なり此れ即ち一念三千なり、故に不専読誦経典但行礼拝(ふせんどくじゅきょうてん・たんぎょうらいはい)と云うなり。

第七 乃至遠見(おんけん)の事
御義口伝に云く上の凡有所見の見は内証所具の仏性を見るなり、此れは理なり遠見の見は四衆と云う間・事なり仍つて上は心法を見る今は色法を見る色法は本門の開悟(かいご)四一開会なり、心法を見るは迹門の意又四一開会なり、遠の一字は寿量品の久遠なり故に故往礼拝(こおうらいはい)といえり云云。

第八 心不浄者の事
御義口伝に云く謗法の者は色心二法共に不浄なり、先ず心法不浄の文は今此の心不浄者なり、又身不浄の文は譬喩品に「身常臭処垢穢不浄(しんじょうしゅうしょ・くえふじょう)」と云えり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者は色心共に清浄なり、身浄は法師功徳品に云く「若持法華経其身甚清浄」の文なり、心浄とは提婆品に云く「浄心信敬」と云云、浄とは法華経の信心なり不浄とは謗法なり云云。

第九 言是(ごんぜ)無智比丘の事
御義口伝に云く此の文は法華経の明文なり、上慢の四衆不軽菩薩を無智の比丘と罵詈せり、凡有所見の菩薩を無智と云う事は第六天の魔王の所為なり、末法に入つて日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者は無智の比丘と謗ぜられん事経文の明鏡なり、無智を以て法華経の機と定めたり。

第十 聞其所説 皆信伏随従(もんごしょせつ・かいしんぷくずいじゅう)の事
御義口伝に云く聞とは名字即なり所詮(しょせん)は而強毒之(にごうどくし)の題目なり、皆とは上慢の四衆等なり信とは無疑曰信(むぎわっしん)なり伏とは法華に帰伏するなり随とは心を法華経に移すなり従とは身を此の経に移すなり、所詮今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る行者は末法の不軽菩薩なり。

[御義口伝 下 本文]その八に続く


by johsei1129 | 2019-11-04 21:30 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22620167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 末法の本仏の立場で法華経一部二...      末法の本仏の立場で法華経一部二... >>