人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 25日

日蓮大聖人が法華経神力品で、末法での法華経流布の付属を受けたことを示した【上行菩薩結要付属口伝】一

【上行菩薩結要付属口伝(じょうぎょうぼさつけっちょうふぞくくでん】
■出筆時期:建治元年(西暦1275年) 五十四歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵
■出筆の経緯:法華経如来神力品第二十一で説かれている「釈尊滅後二千年後の末法に、『妙法蓮華経』の流布を、釈尊から地涌の菩薩の上首たる上行菩薩(日蓮大聖人)に付属されたことを示した書で、弟子一同に対しあてられたものと思われる。
■ご真筆: 現存していない。

[上行菩薩結要付属口伝]その一

妙法蓮華経見宝塔品第十一「爾の時に仏前に七宝(しっぽう)の塔有り」と云云、又云く「即時に釈迦牟尼仏・神通力を以て諸の大衆を接して皆虚空に在(おき)たもう、大音声を以て普く四衆に告げたまわく誰か能く此の娑婆国土に於て広く妙法華経を説かん今正く是れ時なり如来久しからずして当に涅槃に入るべし仏・此の妙法華経を以て付属して在ること有らしめんと欲す」云云、又云く「諸余の経典数恒沙の如し」と云云、又云く「諸の大衆に告ぐ我滅度の後に誰か能く斯の経を護持し読誦せん今仏前に於て自ら誓言を説け」と・又云く「此の経は持ち難し若し暫くも持つ者は我即ち歓喜す諸仏も亦然なり是の如きの人は諸仏の歎(ほ)め給う所なり」と云云、妙法蓮華経勧持品第十三「爾時薬王菩薩摩訶薩及び大楽説菩薩摩訶薩・二万の菩薩眷属と倶に皆仏前に於て是の誓言を作さく唯願くば世尊以て慮(うらおもい)したもうべからず我等・仏の滅後に於て当に此の経典を奉持し読誦し説きたてまつるべし、後の悪世の衆生は善根転た少くして増上慢多く利供養を貪り不善根を増し解脱を遠離せん教化すべきこと難しと雖も我等当に大忍力(だいにんりき)を起して此の経を読誦し持説し書写し種種に供養して身命を惜まざるべし、爾の時に衆中の五百の阿羅漢の授記を得たる者・仏に白(もう)して言(もう)さく世尊我れ等亦自ら誓願すらく異の国土に於て広く此の経を説かんと、復学無学の八千人の授記を得たる者有り座従(よ)り起(たっ)て合掌し仏に向いたてまつりて是誓言を作さく世尊・我等亦当に他の国土に於て広く此の経を説きたてまつるべし・所以は何ん是の娑婆国の中は人・弊悪多く増上慢を懐き功徳浅薄に瞋濁諂曲(しんじょくてんごく)にして心不実なるが故に」と云云、又云く「爾の時に世尊・八十万億那由佗の諸の菩薩摩訶薩を視(みそなわ)す是の諸の菩薩は皆是阿惟越致(あゆいおっち)なり、即時に諸の菩薩倶に同く声を発して偈を説いて言(もう)さく、唯願くは慮したもうべからず仏の滅度の後・恐怖悪世の中に於て我等当に広く説くべし諸の無智の人の悪口罵詈等し及び刀杖を加うる者有らん我等皆当に忍ぶべし、悪世の中の比丘は邪智にして心諂曲に未だ得ざるをこれ得たりと謂(おも)い我慢の心充満せん、或は阿練若に納衣にして空閑に在り自ら真の道を行ずと謂いて人間を軽賤する者有らん、利養に貪著するが故に白衣(びゃくえ)の与に法を説いて世に恭敬せらるること六通の羅漢の如くならん是の人悪心を懐き常に世俗の事を念い名を阿練若に仮りて好んで我等の過を出ださん、濁世の悪比丘は仏の方便・随宜所説の法を知らずして悪口して顰蹙し数数擯出せられん」と云云。

[上行菩薩結要付属口伝]その二に続く


by johsei1129 | 2019-10-25 22:37 | 血脈・相伝・講義 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22276526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日蓮大聖人が法華経神力品で、末...      【一代五時鶏図  その五】 >>