日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 27日

日蓮の法門が出現すると既存仏教は、日出でて後の星の光の如くなると断言した書【三沢抄】三

[三沢抄 本文]その二

 又内房の御事は御年寄らせ給いて御わたりありし労しくおもいまいらせ候いしかども・氏神へまいりてあるついでと候しかば・見参に入るならば・定めて罪ふかかるべし、其の故は神は所従なり法華経は主君なり・所従のついでに主君への・見参は世間にも・をそれ候、其の上尼の御身になり給いては・まづ仏を先とすべし、かたがたの御失がありしかば見参せず候、此の又尼ごぜん一人にはかぎらず、其の外の人人も・下部の湯のついでと申す者をあまた・をひかへして候、尼ごぜんは・親のごとくの御としなり、御なげきいたわしく候いしかども此の義をしらせまいらせんためなり。

 又殿のは・一昨年の見参の後そらごとにてや候いけん御所労と申せしかば・人をつかわして・きかんと申せしに・此の御房たちの申せしはそれはさる事に候へども・人をつかわしたらば・いぶせくやをもはれ候はんずらんと申せしかば・世間のならひは・さもやあるらむ、げんに御心ざしまめなる上・御所労ならば御使も有りなんと・をもひしかども・御使もなかりしかば・いつわりをろかにて・をぼつかなく候いつる上無常は常のならひなれども・こぞことしは世間はうにすぎて・みみへまいらすべしとも・をぼへず、こひしくこそ候いつるに御をとづれあるうれしとも申す計りなし、尼ごぜんにも・このよしをつぶつぶとかたり申させ給い候へ、法門の事こまごまと・かきつへ申すべく候へども事ひさしくなり候へばとどめ候。

 ただし禅宗と念仏宗と律宗等の事は少少前にも申して候、真言宗がことに此の国とたうどとをば・ほろぼして候ぞ、善無畏三蔵・金剛智三蔵・不空三蔵・弘法大師・慈覚大師・智証大師・此の六人が大日の三部経と法華経との優劣に迷惑せしのみならず、三三蔵・事をば天竺によせて両界をつくりいだし狂惑しけるを・三大師うちぬかれて日本へならひわたし国主並に万民につたへ、漢土の玄宗皇帝も代をほろぼし・日本国もやうやくをとろへて八幡大菩薩の百王のちかいもやぶれて・八十二代隠岐の法王・代を東にとられ給いしは・ひとへに三大師の大僧等がいのりしゆへに還著於本人して候、関東は此の悪法悪人を対治せしゆへに十八代をつぎて百王にて候べく候いつるを、又かの悪法の者どもを御帰依有るゆへに一国には主なければ・梵釈・日月・四天の御計いとして他国にをほせつけて・をどして御らむあり、又法華経の行者をつかわして御いさめあるを・あやめずして・彼の法師等に心をあわせて世間出世の政道をやぶり、法にすぎて法華経の御かたきにならせ給う、すでに時すぎぬれば此の国やぶれなんとす。
 
 やくびやうはすでにいくさにせんふせわまたしるしなり、あさまし・あさまし。

二月二十三日                日 蓮 花押
みさわどの

by johsei1129 | 2014-05-27 19:05 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22146159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 法華経は一代聖教の肝心八万法蔵...      日蓮の法門が出現すると既存仏教... >>