人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 19日

法華経の行者の祈は響の音に応ずるがごとく全ての衆生が仏になれる事を明らかにした書【祈祷抄】五

[祈祷抄 本文]その五

 問て云く真言の教を強(あながち)に邪教と云う心如何、答えて云く弘法大師云く第一大日経・第二華厳経・第三法華経と能能(よくよく)此の次第を案ずべし、仏は何(いか)なる経にか此の三部の経の勝劣を説き判じ給へるや、若し第一大日経・第二華厳経・第三法華経と説き給へる経あるならば尤(もっと)も然るべし、其の義なくんば甚だ以て依用し難し、法華経に云く「薬王今汝に告ぐ我所説の諸経而かも此の経の中に於て法華最も第一なり」云云、仏正(まさし)く諸教を挙げて其の中に於いて法華第一と説き給ふ、仏の説法と弘法大師の筆とは水火の相違なり尋ね究(きわ)むべき事なり、此筆を数百年が間・凡僧・高僧・是を学し貴賤・上下・是を信じて大日経は一切経の中に第一とあがめける事仏意に叶はず、心あらん人は能く能く思い定むべきなり、若し仏意に相叶はぬ筆ならば信ずとも豈(あに)成仏すべきや、又是を以て国土を祈らんに当に不祥を起さざるべきや、又云く「震旦(しんたん)の人師等諍(あらそっ)て醍醐(だいご)を盗む」云云、文の意は天台大師等・真言教の醍醐を盗んで法華経の醍醐と名け給へる事は、此の筆最第一の勝事なり、法華経を醍醐と名け給へる事は、天台大師・涅槃経の文を勘へて一切経の中には法華経を醍醐と名くと判じ給へり、真言教の天竺より唐土へ渡る事は天台出世の以後二百余年なり、されば二百余年の後に渡るべき真言の醍醐を盗みて法華経の醍醐と名け給ひけるか此の事不審なり不審なり、真言未だ渡らざる以前の二百余年の人人を盗人とかき給へる事・証拠何れぞや、弘法大師の筆をや信ずべき、涅槃経に法華経を醍醐と説けるをや信ずべき、若し天台大師盗人ならば涅槃経の文をば云何(いかん)がこころうべき、さては涅槃経の文・真実にして弘法の筆・邪義ならば邪義の教を信ぜん人人は云何、只弘法大師の筆と仏の説法と勘へ合せて正義を信じ侍るべしと申す計りなり。

  疑て云く大日経は大日如来の説法なり・若し爾らば釈尊の説法を以て大日如来の教法を打ちたる事・都て道理に相叶はず如何、答えて云く大日如来は何(いか)なる人を父母として何なる国に出で大日経を説き給けるやらん、もし父母なくして出世し給うならば釈尊入滅以後、慈尊出世以前、五十六億七千万歳が中間に仏出でて説法すべしと云う事何なる経文ぞや、若し証拠なくんば誰人か信ずべきや、かかる僻事(ひがごと)をのみ構へ申す間・邪教とは申すなり、其の迷謬(めいびゅう)尽しがたし纔(わず)か一二を出すなり、加之(しかのみならず)並びに禅宗・念仏等を是を用る、此れ等の法は皆未顕真実の権教不成仏の法・無間地獄の業なり、彼の行人又謗法の者なり争(いか)でか御祈祷叶ふべきや、然るに国主と成り給ふ事は過去に正法を持(たも)ち仏に仕ふるに依つて大小の王・皆梵王・帝釈・日月・四天等の御計ひとして郡郷を領し給へり、所謂(いわゆる)経に云く「我今五眼をもて明に三世を見るに一切の国王皆過去世に五百の仏に侍するに由つて帝王主と為ることを得たり」等云云、然るに法華経を背きて真言・禅・念仏等の邪師に付いて諸の善根を修せらるるとも、敢(あえ)て仏意に叶はず・神慮にも違する者なり・能く能く案あるべきなり、人間に生を得る事・都(すべ)て希(まれ)なり適(たまたま)生を受けて法の邪正を極めて未来の成仏を期せざらん事・返返(かえすがえす)本意に非ざる者なり、又慈覚大師・御入唐以後・本師伝教大師に背かせ給いて叡山に真言を弘めんが為に御祈請ありしに・日を射(い)るに日輪動転すと云う夢想を御覧じて、四百余年の間・諸人是を吉夢と思へり、日本国は殊に忌むべき夢なり、殷(いん)の紂王(ちゅうおう)・日輪を的(まと)にして射(ゆみい)るに依つて身亡びたり、此の御夢想は権化の事なりとも能く能く思惟あるべきか、仍つて九牛の一毛註する所件の如し。

【祈祷抄送状】 
 御礼の旨委細承はり候畢(おわ)んぬ、兼(かね)ては又末法に入つて法華経を持ち候者は三類の強敵を蒙(こうむ)り候はん事は面拝の時大概申し候畢んぬ、仏の金言にて候上は不審を致すべからず候か、然らば則日蓮も此の法華経を信じ奉り候て後は或は頭に疵(きず)を蒙り或は打たれ或は追はれ或は頚の座に臨み或は流罪せられ候し程に結句は此の嶋まで遠流せられ候ぬ。
  何なる重罪の者も現在計りこそ罪科せられ候へ、日蓮は三世の大難に値(あ)い候ぬと存し候、其の故は現在の大難は今の如し、過去の難は当世の諸人等が申す如くば、如来在世の善星・倶伽利等の大悪人が重罪の余習を失せずして如来の滅後に生れて是くの如く仏法に敵をなすと申し候是なり、次に未来の難を申し候はば当世の諸人の部類等・謗じ候はん様は此の日蓮房は存在の時は種種の大難にあひ・死門に趣(おも)むくの時は自身を自ら食して死(しぬ)る上は定めて大阿鼻地獄に墜在して無辺の苦を受くるらんと申し候はんずるなり、古より已来世間出世の罪科の人・貴賤・上下・持戒・毀戒・凡聖に付けて多く候へども但其は現在計りにてこそ候に・日蓮は現在は申すに及ばす過去・未来に至るまで三世の大難を蒙り候はん事は只偏に法華経の故にて候なり、日蓮が三世の大難を以て法華経の三世の御利益を覚し食され候へ、過去久遠劫より已来・未来永劫まで妙法蓮華経の三世の御利益尽くすべからず候なり、日蓮が法華経の方人(かたうど)を少分仕り候だにも加様(かよう)の大難に遭い候、まして釈尊の世世・番番の法華経の御方人を思い遣(や)りまいらせ候に道理申す計りなくこそ候へ、されば勧持品の説相は暫時も廃せず殊更(ことさら)殊更貴く覚え候。
 
  一御山籠(おんやまごもり)の御志しの事、凡そ末法折伏の行に背くと雖も病者にて御座候上(うえ)・天下の災(さい)・国土の難・強盛に候はん時・我が身につみ知り候はざらんより外は・いかに申し候とも・国主信ぜられまじく候へば・日蓮尚篭居の志候、まして御分の御事はさこそ候はんずらめ、仮使(たとい)山谷に篭居候とも御病も平癒して便宜も吉候はば身命を捨て弘通せしめ給ふべし。 
  一仰(おお)せを蒙りて候末法の行者・息災延命の祈祷の事、別紙に一巻註し進らせ候、毎日一返闕如(けつじょ)無く読誦せらるべく候、日蓮も信じ始め候し日より毎日此れ等の勘文を誦し候て仏天に祈誓し候によりて、種種の大難に遇うと雖も法華経の功力釈尊の金言深重なる故に今まで相違無くて候なり、其れに付いても法華経の行者は信心に退転無く身に詐親無く・一切法華経に其の身を任せて金言の如く修行せば、慥(たしか)に後生は申すに及ばず今生も息災延命にして勝妙の大果報を得・広宣流布大願をも成就す可きなり。
 一御状に十七出家の後は妻子を帯せず肉を食せず等云云、権教を信ぜし大謗法の時の事は何なる持戒の行人と申し候とも、法華経に背く謗法罪の故に正法の破戒の大俗よりも百千万倍劣り候なり、彼の謗法の比丘は持戒なりと雖も無間に墜す、正法の大俗は破戒なりと雖も成仏疑い無き故なり、但今の御身は念仏等の権教を捨てて正法に帰し給う故に誠に持戒の中の清浄の聖人なり、尤(もっと)も比丘と成つては権宗の人すら尚然る可し況や正法の行人をや、仮使(たとい)権宗の時の妻子なりともかかる大難は遇(あ)はん時は振捨(ふりすて)て正法を弘通すべきの処に地体よりの聖人尤も吉し尤も吉し、相構え相構え向後(きょうこう)も夫妻等の寄来(よりくる)とも遠離して一身に障礙無く国中の謗法をせめて釈尊の化儀を資(たす)け奉る可き者なり、猶猶向後は此の一巻の書を誦して仏天に祈誓し御弘通有る可く候但此の書は弘通の志有らん人に取つての事なり、此の経の行者なればとて器用に能はざる者には左右無く之を授与すべからず候か、穴賢(あなかしこ)穴賢、恐恐謹言。

 文永十年癸酉正月二十八日             日蓮花押
     最蓮房御返事

by johsei1129 | 2019-10-19 10:24 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22050473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日蓮に怨をなせし人人は先ず必ず...      法華経の行者の祈は響の音に応ず... >>