人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 19日

法華経の行者の祈は響の音に応ずるがごとく全ての衆生が仏になれる事を明らかにした書【祈祷抄】三

[祈祷抄 本文]その三

 諸の大地微塵の如くなる諸菩薩は等覚の位まで・せめて元品の無明計りもちて侍るが・釈迦如来に値(あ)い奉る元品の大石をわ(破)らんと思ふに、教主釈尊・四十余年が間は「因分可説果分不可説(いんぶんかせつ・かぶんふかせつ)」と申して妙覚の功徳を説き顕し給はず、されば妙覚の位に登る人・一人もなかりき・本意なかりし事なり、而るに霊山八年が間に「唯一仏乗名為果分(ゆいいちぶつじょう・みょういかぶん)」と説き顕し給いしかば・諸の菩薩・皆妙覚の位に上りて釈迦如来と悟り等(ひと)しく・須弥山の頂に登つて四方を見るが如く・長夜に日輪の出でたらんが如く・あ(明)かなくならせ給いたりしかば・仏の仰せ無くとも法華経を弘めじ・又行者に替らじとは・おぼしめすべからず、されば「我身命を愛せず但無上道を惜しむ・身命を惜しまずして当に広く此の経を説くべし」等とこそ誓ひ給いしか。
 
其の上慈父の釈迦仏・悲母の多宝仏・慈悲の父母等同じく助証の十方の諸仏・一座に列らせ給いて、月と月とを集めたるが如く・日と日とを並べたるが如く・ましましし時、「諸の大衆に告ぐ我が滅度の後誰か能く此の経を護持し読誦せんものなる、今仏前に於て自ら誓言を説け」と三度まで諌(いさめ)させ給いしに、八方・四百万億那由佗の国土に充満せさせ給いし諸大菩薩・身を曲(まげ)・低頭合掌(ていずがっしょう)し倶に同時に声をあげて「世尊の勅(みことのり)の如く当(まさ)に具(つぶさ)さに奉行したてまつるべし」と三度まで・声を惜まず・よばわりしかば、いかでか法華経の行者には・かわらせ給はざるべき、はんよき(笵於期)と云いしものけいか(荊軻)に頭を取せ・きさつ(季札)と云いしもの徐の君が塚に刀をかけし、約束を違(たが)へじがためなり、此れ等は震旦(しんたん)・辺土のえびす(夷)の如くなるものども・だにも友の約束に命をも亡ぼし身に代へて思ふ刀をも塚に懸(か)くるぞかし、まして諸大菩薩は本より大悲代受苦の誓ひ深し・仏の御諌なしとも・いかでか法華経の行者を捨て給うべき、其の上我が成仏の経たる上・仏・慇懃に諌め給いしかば・仏前の御誓・丁寧なり行者を助け給う事疑うべからず。

 仏は人天の主・一切衆生の父母なり・而も開導の師なり、父母なれども賤(いやし)き父母は主君の義をかねず、主君なれども父母ならざればおそろしき辺もあり、父母・主君なれども師匠なる事はなし・諸仏は又世尊にてましませば主君にては・ましませども・娑婆世界に出でさせ給はざれば師匠にあらず・又「其中衆生悉是吾子」とも名乗らせ給はず・釈迦仏独(ひとり)・主師親の三義をかね給へり、しかれども四十余年の間は提婆達多を罵(のり)給ひ諸の声聞をそしり菩薩の果分の法門を惜み給しかば、仏なれども・よりよりは天魔・破旬(はじゅん)ばしの我等をなやますかの疑ひ・人には・いはざれども心の中には思いしなり、此の心は四十余年より法華経の始(はじまる)まで失(う)せず、而るを霊山八年の間に宝塔・虚空に現じ二仏・日月の如く並び・諸仏大地に列り大山をあつめたるがごとく、地涌千界の菩薩・虚空に星の如く列り給いて、諸仏の果分の功徳を吐き給いしかば・宝蔵をかたぶけて貧人にあたうるがごとく・崑崙山(こんろんざん)のくづれたるににたりき、諸人此の玉をのみ拾(ひろ)うが如く此の八箇年が間・珍しく貴き事心髄にも・とをりしかば・諸菩薩・身命も惜まず言をはぐくまず誓をなせし程に・属累(ぞくるい)品にして釈迦如来・宝塔を出でさせ給いてとびら(扉)を押したて給いしかば諸仏は国国へ返り給ひき、諸の菩薩等も諸仏に随ひ奉りて返らせ給ひぬ。

 やうやう心ぼそくなりし程に「郤後(きゃくご)三月当(まさ)に般涅槃(はつねはん)すべし」と唱えさせ給いし事こそ心ぼそく耳をどろかしかりしかば諸菩薩二乗人天等ことごとく法華経を聴聞して仏の恩徳心肝にそみて、身命をも法華経の御ために投(なげ)て仏に見せまいらせんと思いしに・仏の仰(おおせ)の如く若し涅槃せさせ給はば・いかに・あさましからんと胸さはぎして・ありし程に・仏の御年・満八十と申せし二月十五日の寅卯の時・東天竺・舎衛(しゃえい)国・倶尸那(くしな)城・跌提河(ばつだいが)の辺にして仏御入滅なるべき由の御音・上は有頂・横には三千大千界まで・ひびきたりしこそ目もくれ・心もきえはてぬれ、五天竺・十六の大国・五百の中国・十千の小国・無量の粟散(ぞくさん)国等の衆生・一人も衣食を調(ととの)へず・上下をきらはず、牛馬・狼狗(ろうく)・鵰鷲(ちょうじゅ)・蟁蝱(みんもう)等の五十二類の一類の数・大地微塵をも・つくしぬべし・況(いわん)や五十二類をや、此の類皆華香衣食をそなへて最後の供養とあてがひき、一切衆生の宝の橋お(折)れなんとす・一切衆生の眼ぬけなんとす一切衆生の父母・主君・師匠死なんとすなんど申すこえ・ひびきしかば・身の毛のいよ立(たつ)のみならず・涙を流す、なんだを・ながすのみならず・頭をたたき胸ををさへ音も惜まず叫びしかば・血の涙・血のあせ・倶尸那(くしな)城に大雨よりも・しげくふり・大河よりも多く流れたりき、是れ偏えに法華経にして仏になりしかば仏の恩の報ずる事かたかりしなり。

 かかるなげきの庭にても法華経の敵をば舌を・きるべきよし・座につらなるまじきよしののしり侍りき、迦葉童子菩薩は法華経の敵の国には霜雹(そうばく)となるべしと誓い給いき、爾の時仏は臥よりをきて・よろこばせ給いて善哉善哉と讃め給いき、諸菩薩は仏の御心を推(すい)して法華経の敵をうたんと申さば、しばらくも・いき給いなんと思いて一一の誓は・なせしなり、されば諸菩薩・諸天人等は法華経の敵の出来せよかし仏前の御誓はたして・釈迦尊並びに多宝仏・諸仏・如来にも・げに仏前にして誓いしが如く、法華経の御ためには名をも身命をも惜まざりけりと思はれまいらせんと・こそ・おぼすらめ。

 いかに申す事は・をそきやらん、大地はささばはづるるとも虚空(おおぞら)をつなぐ者はありとも・潮のみちひぬ事はありとも日は西より出づるとも・法華経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず、法華経の行者を諸の菩薩・人天・八部等・二聖・二天・十羅刹等・千に一も来つてまほり給はぬ事侍らば、上(かみ)は釈迦諸仏をあなづり奉り下(しも)は九界をたぼらかす失(とが)あり、行者は必ず不実なりとも・智慧はをろかなりとも・身は不浄なりとも・戒徳は備へずとも・南無妙法蓮華経と申さば必ず守護し給うべし、袋きたなしとて金を捨る事なかれ・伊蘭(いらん)をにくまば栴檀(せんだん)あるべからず、谷の池を不浄なりと嫌はば蓮を取らざるべし、行者を嫌(きら)い給はば誓を破り給いなん、正像既に過ぎぬれば持戒は市の中の虎の如し・智者は麟角(りんかく)よりも希(まれ)ならん、月を待つまでは灯を憑(たのむ)べし宝珠のなき処には金銀も宝なり、白烏の恩をば黒烏に報ずべし・聖僧の恩をば凡僧に報ずべし、とくとく利生をさづけ給へと強盛に申すならば・いかでか祈りのかなはざるべき。

[祈祷抄 本文]その四に続く


by johsei1129 | 2019-10-19 09:57 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22034397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 法華経の行者の祈は響の音に応ず...      法華経の行者の祈は響の音に応ず... >>