人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 19日

法華経の行者の祈は響の音に応ずるがごとく全ての衆生が仏になれる事を明らかにした書【祈祷抄】一

【祈祷抄(きとうしょう】
■出筆時期:文永九年(西暦1272年) 五十一歳 御作 弟子最蓮房に与えられた書
■出筆場所:佐渡ヶ島・一の谷(いちのさわ)の豪族・入道清久の屋敷にて述作
■出筆の経緯:大聖人が佐渡ヶ島流罪中、他宗の僧らとの法論を聞いて弟子になった天台の学匠・最蓮房に与へた書。釈尊が法華経を説く以前の教えでは仏になれなかった境涯の人々も、法華経の行者となって祈ることにより、全ての衆生が仏になることができる事を説いている。
■ご真筆:身延山久遠寺 曽存(明治8年の大火で消失)

[祈祷抄 本文]その一

 

                                     本朝沙門 日蓮撰

 問うて云く華厳宗・法相宗・三論宗・小乗の三宗・真言宗・天台宗の祈(いのり)をなさんにいづれかしるしあるべきや、答て云く仏説なればいづれも一往は祈となるべし、但法華経をもつていのらむ祈は必ず祈となるべし、問うて云く其の所以(ゆえん)は如何、答えて云く二乗は大地微塵劫を経て先四味の経を行ずとも成仏すべからず、法華経は須臾(しゅゆ)の間此れを聞いて仏になれり、若爾らば舎利弗・迦葉等の千二百・万二千総じて一切の二乗界の仏は必ず法華経の行者の祈をかなふべし、又行者の苦にもかわるべし、故に信解品に云く「世尊は大恩まします希有(けう)の事を以て憐愍(れんびん)教化して我等を利益し給う無量億劫にも誰れか能く報ずる者あらん、手足をもて供給し頭頂をもつて礼敬し一切をもつて供養すとも皆報ずること能わず、若しは以て頂戴し両肩に荷負して恒沙劫に於て心を尽して恭敬し、又美膳無量の宝衣及び諸の臥具種種の湯薬を以てし牛頭栴檀及び諸の珍宝以つて塔廟を起て宝衣を地に布き斯くの如き等の事もつて供養すること恒沙劫に於てすとも亦報ずること能わじ」等云云、此の経文は四大声聞が譬喩品を聴聞して仏になるべき由を心得て、仏と法華経の恩の報じがたき事を説けり、されば二乗の御為には此の経を行ずる者をば父母よりも愛子よりも両眼よりも身命よりも大事にこそおぼしめすらめ、舎利弗・目連等の諸大声聞は一代聖教いづれも讃歎せん行者を・すておぼす事は有るべからずとは思へども・爾前の諸経は・すこし・うらみおぼす事も有らん「於仏法中已如敗種(おぶっぽうちゅういにょはいしゅ)」なんど・したたかにいましめられ給いし故なり、今の華光如来・名相如来・普明如来なんどならせ給いたる事は・おもはざる外の幸なり、例せば崑崙(こんろん)山のくづれて宝の山に入りたる心地してこそ・おはしぬらめ、されば領解の文に云く「無上宝珠不求自得(むじょうほうじゅふぐじとく)等」云云。

 されば一切の二乗界法華経の行者をまほり給はん事は疑あるべからず、あやしの畜生なんども恩をば報ずる事に候ぞかし、かりと申す鳥あり必ず母の死なんとする時孝をなす、狐は塚を跡(あと)にせず畜生猶此くの如し況(いわん)や人類をや、されば王寿(おうじゅ)と云ひし者・道を行きしにう(飢)えつかれたりしに、路(みち)の辺に梅の樹あり其の実多し寿とりて食して・うへやみぬ、我れ此の梅の実を食して気力をます其の恩を報ぜずんば・あるべからずと申して衣(きぬ)をぬぎて梅に懸(か)けてさりぬ、王尹(おういん)と云いし者は道を行くに水に渇しぬ、河をすぐるに水を飲んで銭を河に入れて是を水の直(あたえ)とす、竜は必ず袈裟を懸けたる僧を守る、仏より袈裟を給(たび)て竜宮城の愛子に懸けさせて金翅鳥(こんじちょう)の難をまぬがるる故なり、金翅鳥は必ず父母孝養の者を守る、竜は須弥山を動かして金翅鳥の愛子を食す、金翅鳥は仏の教によつて父母の孝養をなす者・僧のとるさんば(生飯)を須弥の頂にをきて竜の難をまぬかるる故な天は必ず戒を持ち善を修する者を守る、人間界に戒を持たず善を修する者なければ人間界の人死して多く修羅道に生ず、修羅多勢なればをごりをなして必ず天ををか(犯)す、人間界に戒を持ちて善を修するの者・多ければ人死して必ず天に生ず、天多ければ修羅をそれをなして天ををかさず、故に戒を持ち善を修する者をば天必ず之を守る、何(いか)に況(いわん)や二乗は六凡より戒徳も勝れ智慧賢き人人なり、いかでか我が成仏を遂げたらん法華経を行ぜん人をば捨つべきや。
 
又一切の菩薩並に凡夫は仏にならんがために、四十余年の経経を無量劫が間・行ぜしかども仏に成る事なかりき、而るを法華経を行じて仏と成つて今十方世界におはします仏・仏の三十二相・八十種好をそなへさせ給いて九界の衆生にあをがれて、月を星の回(めぐ)れるがごとく須弥山を八山の回(めぐ)るが如く、日輪を四州の衆生の仰ぐが如く輪王を万民の仰ぐが如く、仰がれさせ給うは法華経の恩徳にあらずや、されば仏は法華経に誡(いまし)めて云く「須(すべか)らく復た舎利を安ずることをもちいざれ」涅槃経に云く「諸仏の師とする所所謂(いわゆる)法なり是の故に如来恭敬供養す」等云云、法華経には我舎利を法華経に並(なら)ぶべからず、涅槃経には諸仏は法華経を恭敬供養すべしと説せ給へり、仏此の法華経をさとりて仏に成りしかも人に説き聞かせ給はずば仏種をたたせ給ふ失(とが)あり、此の故に釈迦如来は此の娑婆世界に出でて説かんとせさせ給いしを、元品の無明と申す第六天の魔王が一切衆生の身に入つて、仏をあだみて説かせまいらせじとせしなり、所謂波瑠璃(はるり)王の五百人の釈子を殺し、鴦崛摩羅(おうくつまら)が仏を追(おい)、提婆が大石を放(はなち)・旃遮婆羅門(せんしゃばらもんにょ)女が鉢を腹にふせて仏の御子(みこ)と云いし、婆羅門城には仏を入れ奉る者は五百両の金をひきき、されば道にはうばら(荊棘)をたて・井には糞(ふん)を入れ門にはさかむき(逆木)をひけり・食には毒を入れし、皆是れ仏をにくむ故に、華色(けしき)比丘尼を殺し、目連は竹杖外道に殺され、迦留陀夷(かだるい)は馬糞に埋(うも)れし・皆仏をあだみし故なり、而れども仏さまざまの難をまぬかれて御年七十二歳、仏法を説き始められて四十二年と申せしに・中天竺・王舎城の丑寅・耆闍崛山(ぎしゃくっせん)と申す山にして、法華経を説き始められて八年まで説かせ給いて、東天竺倶尸那城(くしなじょう)・跋提河(ばつだいが)の辺にして御年八十と申せし、二月十五日の夜半に御涅槃に入らせ給いき、而りといへども御悟りをば法華経と説きをかせ給へば・此の経の文字は即釈迦如来の御魂(みたま)なり、一一の文字は仏の御魂なれば此の経を行ぜん人をば釈迦如来我が御眼(まなこ)の如くまほり給うべし、人の身に影のそへるが・ごとく・そはせ給うらん、いかでか祈とならせ給はざるべき。

[祈祷抄 本文]その二


by johsei1129 | 2019-10-19 08:50 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/22017823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 法華経の行者の祈は響の音に応ず...      法華経を一字一句も唱え又人にも... >>