人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 10日

妙法蓮華経と唱えることで己心中の仏性が呼ばれて必ず顕れる事を明らかにした書【法華初心成仏抄】一

【法華初心成仏抄(ほっけしょしんじょうぶつしょう】
■出筆時期:弘安元年 (西暦1278年) 五十七歳御作
■出筆場所:身延山 草庵にて述作
■出筆の経緯:本抄は駿河国岡宮(現在の沼津市)に住む「岡宮妙法尼」に与えられた書です。
岡宮妙法尼は、夫、兄に先立たれながらも大聖人に帰依し続け、純真な信仰を貫いだ女性で、法華経信仰について数々大聖人に問われ、それに対して本書で答えられている。
本書の中で大聖人は『我が己心の妙法蓮華経を本尊とあがめ奉りて、我が己心中の仏性・南無妙法蓮華経とよびよばれて顕れ給う処を仏とは云うなり、譬えば篭(かご)の中の鳥なけば空とぶ鳥のよばれて集まるが如し、空とぶ鳥の集まれば篭の中の鳥も出でんとするが如し、口に妙法をよび奉れば、我が身の仏性もよばれて必ず顕れ給ふ』と記し、比喩を用いて初心の信徒でも『南無妙法蓮華経』と唱えることより自身の仏性が顕れる道理を、分かりやすく伝えている。
■ご真筆:現存しておりません。

[法華初心成仏抄 本文] その一
問うて云く八宗・九宗・十宗の中に何(いずれ)か釈迦仏の立て給へる宗なるや、答えて云く法華宗は釈迦所立の宗なり其の故は已説・今説・当説の中には法華経第一なりと説き給う是れ釈迦仏の立て給う処の御語(ことば)なり、故に法華経をば仏立宗と云い又は法華宗と云う又天台宗とも云うなり、故に伝教大師の釈に云く天台所釈の法華の宗は釈迦世尊所立の宗と云へり、法華より外の経には全く已今当の文なきなり、已説とは法華より已前の四十余年の諸経を云う今説とは無量義経を云う当説とは涅槃経を云う此の三説の外に法華経計(ばか)り成仏する宗なりと仏定め給へり、余宗は仏・涅槃し給いて後・或は菩薩或は人師達の建立する宗なり仏の御定(ごじょう)を背きて菩薩・人師の立てたる宗を用ゆべきか菩薩人師の語(ことば)を背きて仏の立て給へる宗(しゅう)を用ゆべきか又何れをも思い思いに我が心に任せて志あらん経法を持つべきかと思う処に仏是を兼て知(しろ)し召して末法濁悪の世に真実の道心あらん人人の持つべき経を定め給へり、経に云く「法に依つて人に依らざれ義に依つて語に依らざれ知に依つて識に依らざれ了義経に依つて不了義経に依らざれ」文、此の文の心は菩薩・人師の言には依るべからず仏の御定(ごじょう)を用いよ華厳・阿含・方等・般若経等の真言・禅宗・念仏等の法には依らざれ了義経を持つべし了義経と云うは法華経を持つべしと云う文なり。

 問うて云く今日本国を見るに当時五濁の障(さわり)重く闘諍堅固にして瞋恚の心猛(たけ)く嫉妬の思い甚しかかる国かかる時には何れの経をか弘むべきや、答えて云く法華経を弘むべき国なり、其の故は法華経に云く「閻浮提の内に広く流布せしめて断絶せざらしめん」等云云、瑜伽論には丑寅の隅に大乗・妙法蓮華経の流布すべき小国ありと見えたり、安然和尚云く「我が日本国」等云云、天竺よりは丑寅の角(すみ)に此の日本国は当るなり、又慧心僧都の一乗要決に云く「日本一州・円機純一にして朝野遠近・同く一乗に帰し緇素貴賤(しそきせん)悉く成仏を期せん」云云、此の文の心は日本国は京・鎌倉・筑紫・鎮西・みちをく(陸奥)遠きも近きも法華一乗の機のみ有りて上も下も貴(とうとき)も賤(いやしき)も持戒も破戒も男も女も皆おしなべて法華経にて成仏すべき国なりと云う文なり、譬えば崑崙山に石なく蓬莱山に毒なきが如く日本国は純(もっぱら)に法華経の国なり、而るに法華経は元よりめでたき御経なれば誰か信ぜざると語(ことば)には云うて而も昼夜朝暮に弥陀念仏を申す人は薬はめでたしとほめて朝夕(あさゆう)毒を服する者の如し、或は念仏も法華経も一(ひとつ)なりと云はん人は石も玉も上ろうも下ろうも毒も薬も一(ひとつ)なりと云わん者の如し、其の上法華経を怨み嫉み悪み毀り軽しめ賤む族(やから)のみ多し、経に云く「一切世間多怨難信」又云く「如来現在・猶多怨嫉(ゆたおんしつ)・況滅度後」の経文少しも違はず当れり、されば伝教大師の釈に云く「代を語れば則ち像の終り末の初め地を尋ぬれば唐の東・羯の西・人を原ぬれば則ち五濁の生・闘諍の時なり経に云く猶多怨嫉・況滅度後と此の言良(まこと)に以(ゆえ)有るなり」と、此等の文釈をもつて知るべし、日本国に法華経より外の真言・禅・律宗・念仏宗等の経教・山山・寺寺・朝野遠近に弘まるといへども正(まさし)く国に相応して仏の御本意に相叶ひ生死を離るべき法にはあらざるなり。

 問うて云く華厳宗には五教を立て余の一切の経は劣れり華厳経は勝ると云ひ、真言宗には十住心を立て余の一切経は顕経なれば劣るなり真言宗は密教なれば勝れたりと云う、禅宗には余の一切教をば教内と簡(きら)いて教外別伝不立文字と立て壁に向いて悟れば禅宗独り勝れたりと云う、浄土宗には正雑・二行を立て法華経等の一切教をば捨閉閣抛し雑行と簡(きら)ひ浄土の三部経を機に叶ひめでたき正行なりと云う、各各我慢を立て互に偏執を作す何れか釈迦仏の御本意なるや、答えて云く宗宗・各別に我が経こそ・すぐれたれ余経は劣れりと云いて我が宗吉(よし)と云う事は唯是れ人師の言にて仏説にあらず、但し法華経計(ばか)りこそ仏五味の譬を説きて五時の教に当て此の経の勝れたる由を説き、或は又已今当の三説の中に仏になる道は法華経に及ぶ経なしと云う事は正しき仏の金言なり、然るに我が経は法華経に勝れたり我が宗は法華宗に勝れたりと云はん人は下ろうが上ろうを凡下と下(くだ)し相伝の従者(ずさ)が主に敵対して我が下人(げにん)なりと云わんが如し何ぞ大罪に行なはれざらんや、法華経より余経を下(くだ)す事は人師の言にあらず経文分明なり、譬えば国王の万人に勝れたりと名乗り侍の凡下を下ろうと云わんに何の禍(とが)かあるべきや、此の経は是れ仏の御本意なり天台・妙楽の正意なり。

[法華初心成仏抄 本文] その二に続く




by johsei1129 | 2019-11-10 10:54 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/21744490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 妙法蓮華経と唱えることで己心中...      池上兄弟の篤信を称えた書【兵衛... >>