人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 14日

『妙法蓮華経』こそが末法弘通の本尊であることを明かした書『法華取要抄』 その一

【法華取要抄(ほっけしゅようしょう】
■出筆時期:文永十一年五月 五十三歳御作(西暦1274年)、日蓮大聖人が立宗宣言した年に帰依した最古参の強信者『富木常忍』に宛てた書。御書10大部の一つ。
■出筆場所:身延山 草庵にて著作
■出筆の経緯:文永十一年四月八日、鎌倉幕府の平左衛門尉に対し生涯三度目となる『国主諌暁』をなされたが、取り入れられず、今後は後世のために弟子への法門の相承を成すべき時と判断し、五月十二日に鎌倉を出て身延山に入る。そして最初に書き記したのが、『妙法蓮華経』こそが末法弘通の本尊であることをあきらかにした本書である。法華取要とは、法華経二十八品の要である『妙法蓮華経』を取り、本尊と成すことを意味している。
■ご真筆: 中山法華経寺所蔵(重要文化財) 時代写本:日興上人及び日目上人の書写(富士大石寺所蔵)

f0301354_20252585.jpg















f0301354_1241486.jpg

[法華取要抄(第17紙)真筆本文:問云 如來滅後二千餘年龍樹~捨廣畧取要乎 答曰 玄奘]
f0301354_12103062.jpg

[法華取要抄(第24紙)真筆本文:文末:競出四天下一同諍論也~妙法蓮華經廣宣流布無疑者歟]

[法華取要抄 本文] その一
 

                                  扶桑沙門 日蓮 これを述ぶ。

夫れ以(おもんみ)れば月支西天より漢土日本に渡来する所の経論五千七千余巻なり、其(その)中の諸経論の勝劣(しょうれつ)・浅深(せんじん)・難易(なんい)・先後・自見に任せて之を弁(わきま)うことは其の分に及ばず、人に随い宗に依つて之を知る者は其の義紛紕(ふんぴ)す、所謂華厳宗の云く「一切経の中に此の経第一」と、法相宗の云く「一切経の中に深密経(じんみつきょう)第一」と、三論宗の云く「一切経の中に般若経(はんにゃきょう)第一」と、真言宗の云く「一切経の中に大日の三部経第一」と、禅宗の云く或は云く「教内には楞伽経(りょうがきょう)第一」と、或は云く「首楞厳経(しゅりょうごんきょう)第一」と或は云く「教外別伝の宗なり」と、浄土宗の云く「一切経の中に浄土の三部経、末法に入りては機教相応して第一なり」と、倶舎宗(くしゃしゅう)・成実宗(じょうじつしゅう)・律宗(りっしゅう)云く「四阿含(しあごん)・並(ならび)に律論は仏説なり、華厳経・法華経等は仏説に非ず外道の経なり」或は云く或は云く、而(しかる)に彼れ彼れ宗宗の元祖等・杜順(とじゅん)・智儼(ちごん)・法蔵・澄観(ちょうかん)・玄奘(げんじょう)・慈恩・嘉祥(かじょう)・道朗・善無畏(ぜんむい)・金剛智・不空・道宣・鑒真(がんじん)・曇鸞(どんらん)・道綽(どうしゃく)・善導・達磨(だるま)・慧可等なり、此等の三蔵大師等は皆聖人なり賢人なり、智は日月に斉(ひとし)く徳は四海に弥(はびこ)れり、其の上各各に経律論に依り更互(たがい)に証拠有り、随つて王臣国を傾け土民之を仰ぐ、末世の偏学設(たと)い是非を加うとも人信用を致さじ、爾(しか)りと雖も宝山に来り登つて瓦石(がしゃく)を採取(さいしゅ)し、栴檀(せんだん)に歩み入つて伊蘭(いらん)を懐(いだ)き取らば悔恨(げこん)有らん、故に万人の謗(そし)りを捨て猥(みだ)りに取捨を加う、我が門弟委細に之を尋討(じんとう)せよ。

[法華取要抄 本文] その二に続


by johsei1129 | 2019-10-14 16:27 | 御書十大部(五大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/21594847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『妙法蓮華経』こそが末法弘通の...      大聖人の鎌倉出立から身延入山ま... >>