人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 12日

日蓮大聖人自らが末法の本仏であることを明かした書【開目抄】(下) その四

[開目抄(下) 本文] その四

文句に云く「問う大経には国王に親付(しんぷ)し弓を持ち箭(や)を帯(たい)し悪人を摧伏(ざいふく)せよと明す、此の経は豪勢(ごうぜい)を遠離(おんり)し謙下(けんげ)慈善せよと剛柔碩(ごうにゅうおお)いに乖(そむ)く云何ぞ異ならざらん、答う大経には偏(ひとえ)に折伏を論ずれども一子地に住す何ぞ曾(かつ)て摂受(しょうじゅ)無からん、此の経には偏(ひとえ)に摂受を明せども頭破七分と云う折伏無きに非ず各(おのおの)一端を挙げて時に適う而已(のみ)」等云云、涅槃(ねはん)経の疏(じょ)に云く「出家在家法を護らんには其の元心の所為を取り事を棄て理を存して匡(まさ)に大経を弘む故に護持正法と言うは小節に拘わらず故に不修威儀と言うなり、昔の時は平にして法弘まる応に戒を持つべし杖を持つこと勿(なか)れ今の時は嶮(けん)にして法翳(かく)る応に杖を持つべし戒を持つこと勿れ、今昔倶に嶮(けん)ならば倶に杖を持つべし今昔倶に平ならば倶に戒を持つべし、取捨宜きを得て一向にす可からず」等云云。

汝が不審をば世間の学者・多分・道理とをもう。いかに諌暁(かんぎょう)すれども日蓮が弟子等も此のをもひをすてず一闡提(せんだい)人の・ごとくなるゆへに先づ天台・妙楽等の釈をいだして・かれが邪難をふせぐ。夫れ摂受・折伏と申す法門は水火のごとし火は水をいとう水は火をにくむ。

 摂受の者は折伏をわらう折伏の者は摂受をかなしむ、無智・悪人の国土に充満の時は摂受を前(さき)とす安楽行品のごとし。邪智・謗法の者の多き時は折伏を前(さき)とす常不軽品のごとし。譬へば熱き時に寒水を用い寒き時に火をこのむがごとし、草木は日輪の眷属(けんぞく)・寒月に苦をう諸水は月輪の所従・熱時に本性を失う、末法に摂受・折伏あるべし所謂悪国・破法の両国あるべきゆへなり、日本国の当世は悪国か破法の国かと・しるべし。

 問うて云く摂受の時・折伏を行ずると折伏の時・摂受を行ずると利益あるべしや、答えて云く涅槃(ねはん)経に云く「迦葉菩薩仏に白(もう)して言く如来の法身は金剛不壊(ふえ)なり未だ所因を知ること能わず云何、仏の言く迦葉能く正法を護持する因縁を以ての故に是の金剛身(こんごうしん)を成就することを得たり、迦葉我護持正法の因縁にて今是の金剛身常住不壊を成就することを得たり、善男子正法を護持する者は五戒を受けず威儀を修せず応(まさ)に刀剣弓箭(きゅうせん)を持つべし、是くの如く種種に法を説くも然も故(なお)師子吼を作(な)すこと能(あた)わず非法の悪人を降伏すること能わず、是くの如き比丘自利し及び衆生を利すること能わず。

当に知るべし是の輩は懈怠懶惰(けたいらんだ)なり能く戒を持ち浄行を守護すと雖も当に知るべし是の人は能く為す所無からん、乃至時に破戒の者有つて是の語を聞き已つて咸(みな)共に瞋恚(しんに)して是の法師を害せん是の説法の者・設い復(また)命終すとも故(なお)持戒自利利他と名く」等云云。

章安の云く「取捨宜きを得て一向にす可からず」等、天台云く「時に適(かな)う而已(のみ)」等云云、譬へば秋の終りに種子を下し田畠をかえ(耕)さんに稲米(とうまい)をうることかたし、建仁年中に法然・大日の二人・出来して念仏宗・禅宗を興行す。法然云く「法華経は末法に入つては未有一人得者・千中無一」等云云。大日云く「教外別伝」等云云、此の両義・国土に充満せり、天台真言の学者等・念仏・禅の檀那を・へつらいを(怖)づる事犬の主にを(尾)をふり・ねづみの猫ををそるるがごとし、国王・将軍に・みやつかひ破仏法の因縁・破国の因縁を能く説き能くかたるなり、天台・真言の学者等・今生には餓鬼道に堕ち後生には阿鼻(あび)を招くべし、設(たと)い山林にまじわつて一念三千の観をこらすとも空閑(くうげん)にして三密の油をこぼさずとも時機をしらず摂折の二門を弁へずば・いかでか生死を離るべき。

 問うて云く念仏者・禅宗等を責めて彼等に・あだまれたる・いかなる利益かあるや、答えて云く涅槃経に云く「若し善比丘法を壊(やぶ)る者を見て置いて呵責(かしゃく)し駈遣(くけん)し挙処(こしょ)せずんば当に知るべし是の人は仏法の中の怨(あだ)なり、若し能く駈遣し呵責し挙処せば是れ我が弟子真の声聞なり」等云云。「仏法を壊乱(えらん)するは仏法中の怨なり、慈無くして詐(いつわ)り親しむは是れ彼が怨なり、能く糾治(きゅうじ)せんは是れ護法の声聞真の我が弟子なり、彼が為に悪を除くは即ち是れ彼が親なり、能く呵責する者は是れ我が弟子駈遣せざらん者は仏法中の怨なり」等云云。

夫れ法華経の宝塔品を拝見するに釈迦・多宝・十方分身の諸仏の来集はなに心ぞ「令法久住・故来至此」等云云、三仏の未来に法華経を弘めて未来の一切の仏子にあたえんと・おぼしめす御心の中をすいするに父母の一子の大苦に値(あ)うを見るよりも強盛にこそ・みへたるを法然いたはしとも・おもはで末法には法華経の門を堅く閉じて人を入れじとせき、狂児をたぼらかして宝をすてさするやうに法華経を抛(なげすて)させける心こそ無慚(むざん)に見へ候へ。我が父母を人の殺さんに父母につげざるべしや、悪子の酔狂(すいきょう)して父母を殺すをせい(制)せざるべしや、悪人・寺塔に火を放たんにせいせざるべしや、一子の重病を炙(やいと)せざるべしや、日本の禅と念仏者とを・みて制せざる者は・かくのごとし「慈無くして詐(いつわ)り親しむは即ち是れ彼が怨なり」等云云。

 日蓮は日本国の諸人にしうし父母(主師親)なり。一切天台宗の人は彼等が大怨敵なり「彼が為に悪を除くは即ち是れ彼が親」等云云、無道心の者生死をはなるる事はなきなり、教主釈尊の一切の外道に大悪人と罵詈(めり)せられさせ給い天台大師の南北・並びに得一に三寸の舌もつて五尺の身をた(断)つと伝教大師の南京の諸人に「最澄未(いま)だ唐都を見ず」等といはれさせ給いし皆法華経のゆへなればはぢならず愚人にほめられたるは第一のはぢなり、日蓮が御勘気を・かほれば天台・真言の法師等・悦ばしくや・をもうらんかつはむざん(無慚)なり・かつはきくわいなり、夫れ釈尊は娑婆に入り羅什(らじゅう)は秦(しん)に入り伝教は尸那(しな)に入り提婆師子は身をすつ薬王は臂(ひじ)をやく上宮(じょうぐう)は手の皮をはぐ釈迦菩薩は肉をうる楽法(ぎょうぼう)は骨を筆とす、天台の云く「適時而已(ちゃくじにい)」等云云。
仏法は時によるべし。日蓮が流罪(るざい)は今生の小苦なれば・なげかしからず、後生には大楽を・うくべければ大に悦ばし。

[開目抄(下) 本文] 完




by johsei1129 | 2019-10-12 15:19 | 開目抄(御書五大部) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/21512896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大聖人が開目抄で説かれた寿量品...      日蓮大聖人自らが末法の本仏であ... >>