人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 10日

国家諌暁(信仰の誤りを正す)の書『立正安国論』 その②

[立正安国論本文]①より続く・・・・・


大集経に云く 「仏法実に隠没せば鬚髪爪皆長く諸法も亦忘失せん、当の時虚空の中に大なる声あつて地を震い一切皆遍く動かんこと猶水上輪の如くならん.城壁破れ落ち下り屋宇悉く破れ圻け樹林の根.枝・葉.華葉・菓・薬尽きん。唯浄居天を除いて欲界の一切処の七味・三精気損減して余り有ること無けん、解脱の諸の善論当の時一切尽きん、所生の華菓の味い希少にして亦美からず、諸有の井泉池・一切尽く枯涸し 土地悉く鹹鹵し敵裂して丘澗と成らん、諸山皆省ショウ燃して天竜雨を降さず苗稼も皆枯死し生ずる者皆死し尽き余草更に生ぜず、土を雨らし皆昏闇に日月も明を現ぜず、四方皆亢旱して数ば諸悪瑞を現じ、十不善業の道・貪瞋癡倍増して衆生父母に於ける之を観ることショウ鹿の如くならん、衆生及び寿命・色力・威楽減じ人天の楽を遠離し皆悉く悪道に堕せん、是くの如き不善業の悪王・悪比丘我が正法を毀壊し 天人の道を損減し、諸天善神・王の衆生を悲愍する者此の濁悪の国を棄てて皆悉く余方に向わん」已上。 

仁王経に云く「国土乱れん時は先ず鬼神乱る鬼神乱るるが故に万民乱る賊来つて国を刧かし百姓亡喪し臣・君・太子・王子.百官共に是非を生ぜん、天地怪異し二十八宿・星道.日月時を失い度を失い多く賊起ること有らん」と、亦云く 「我今五眼をもつて明に三世を見るに一切の国王は皆過去の世に五百の仏に侍えるに由つて帝王主と為ることを得たり、 是を為つて一切の聖人羅漢而も為に彼の国土の中に来生して 大利益を作さん。若し王の福尽きん時は一切の聖人皆為に捨て去らん、若し一切の聖人去らん時は七難必ず起らん」已上。

薬師経に云く「若し刹帝利・潅頂王等の災難起らん時所謂人衆疾疫の難・他国侵逼の難・自界叛逆の難・星宿変怪の難・日月薄蝕の難・非時風雨の難・過時不雨の難あらん」已上。

仁王経に云く「大王吾が今化する所の百億の須弥・百億の日月・一一の須弥に四天下有り、其の南閻浮提に十六の大国・五百の中国・十千の小国有り其の国土の中に七つの畏る可き難有り一切の国王是を難と為すが故に、 云何なるを難と為す日月度を失い・時節返逆し・或は赤日出で・黒日出で・二三四五の日出で・或は日蝕して光無・或は日輪一重.二三四五重輪現ずるを一の難と為すなり、二十八宿度を失い金星・彗星・輪星.鬼星.火星・水星・風星.チョウ星.南斗.北斗.五鎮の大星.一切の国主星・三公星.百官星.是くの如き諸星各各変現するを二の難と為すなり。大火国を焼き万姓焼尽せん或は鬼火.竜火.天火・山神火・人火.樹木火.賊火あらん是くの如く変怪するを三の難と為すなり、大水百姓をヒョウ没し.時節返逆して・冬雨ふり.夏雪ふり.冬時に雷電霹礰し.六月に氷霜雹を雨らし.赤水.黒水・青水を雨らし 土山石山を雨らし沙礫石を雨らす 江河逆に流れ山を浮べ石を流す是くの如く変ずる時を四の難と為すなり、大風.万姓を吹殺し国土.山河・樹木.一時に滅没し、非時の大風.黒風.赤風・青風.天風・地風・火風水風あらん是くの如く変ずるを五の難と為すなり、天地・国土・亢陽し炎火洞燃として・百草亢旱し・五穀登らず・土地赫燃と万姓滅尽せん 是くの如く変ずる時を六の難と為すなり、 四方の賊来つて国を侵し内外の賊起り、火賊・水賊・風賊・鬼賊ありて・百姓荒乱し・刀兵刧起らん・是くの如く怪する時を七の難と為すなり」大 集経に云く「若し国王有つて無量世に於て 施戒慧を修すとも我が法の滅せんを見て 捨てて擁護せずんば是くの如く種ゆる所の無量の善根悉く皆滅失して 其の国当に三の不祥の事有るべし、 一には穀貴・二には兵革・三には疫病なり、 一切の善神悉く之を捨離せば其の王教令すとも 人随従せず常に隣国の侵ニョウする所と為らん、 暴火横に起り悪風雨多く暴水増長して人民を吹タダヨワし内外の親戚其れ共に謀叛せん、 其の王久しからずして当に重病に遇い寿終の後・大地獄の中に生ずべし、乃至王の如く夫人・太子・大臣・城主・柱師・郡守・宰官も亦復た是くの如くならん」 已上。

夫れ四経の文朗かなり万人誰か疑わん、 而るに盲瞽の輩迷惑の人妄に邪説を信じて正教を弁えず、故に天下世上・諸仏・衆経に於て捨離の心を生じて擁護の志無し、 仍て善神聖人国を捨て所を去る、 是を以て悪鬼外道災を成し難を致す。客色を作して曰く 後漢の明帝は金人の夢を悟つて白馬の教を得、 上宮太子は守屋の逆を誅して寺塔の構を成す。爾しより来た上一人より下万民に至るまで仏像を崇め経巻を専にす、然れば則ち叡山・南都・園城・東寺・四海.一州.五畿.七道.仏経は星の如く羅なり堂宇雲の如く布けり、シュウ子の族は則ち鷲頭の月を観じ鶴勒の流は亦鶏足の風を伝う、誰か一代の教を褊し三宝の跡を廃すと謂んや若し其の証有らば委しく其の故を聞かん。

主人喩して曰く仏閣甍を連ね経蔵軒を並べ 僧は竹葦の如く侶は稲麻に似たり崇重年旧り尊貴日に新たなり、但し法師は諂曲にして 人倫を迷惑し王臣は不覚にして 邪正を弁ずること無し、 仁王経に云く「諸の悪比丘多く名利を求め国王・太子・王子の前に於て自ら破仏法の因縁・破国の因縁を説かん、 其の王別えずして此の語を信聴し横に法制を作つて仏戒に依らず是を破仏・破国の因縁と為す」已上。

涅槃経に云く「菩薩悪象等に於ては心に恐怖すること無かれ悪知識に於ては怖畏の心を生ぜよ・悪象の為に殺されては三趣に至らず悪友の為に殺されては必ず三趣に至る」已上。法華経に云く「悪世の中の比丘は邪智にして心諂曲に未だ得ざるを為れ得たりと謂い我慢の心充満せん。或は阿練若に納衣にして空閑に在り 自ら真の道を行ずと謂いて人間を軽賎する者有らん、 利養に貪著するが故に白衣の与めに法を説いて 世に恭敬せらるること六通の羅漢の如くならん、 乃至常に大衆の中に在つて我等を毀らんと欲するが故に国王・大臣・婆羅門・居士及び余の比丘衆に向つて誹謗して我が悪を説いて是れ邪見の人・外道の論議を説くと謂わん、 濁劫悪世の中には多く諸の恐怖有らん悪鬼其の身に入つて 我を罵詈し毀辱せん、濁世の悪比丘は仏の方便・随宜所説の法を知らず悪口して顰蹙し数数・擯出せられん」已上。

f0301354_1365510.jpg

<立正安国論 ご真筆 巻頭部分:中山法華経寺所蔵>

③に続く
①に戻る

by johsei1129 | 2014-01-10 01:45 | 立正安国論(御書五大部) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/21250508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 国家諌暁(信仰の誤りを正す)の...      国家諌暁(信仰の誤りを正す)の... >>