日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 65 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 30日

Gosho 日女御前御返事一(本尊相貌抄)The Real aspect of the Gohonzon 1

 日女御前御返事(本尊相貌(そうみょう)抄)

 The Real aspect of the Gohonzon

 Reply to Nichinyo gozen

      弘安二年八月二十三日 五十八歳御作

      August 23,1279Age: 58

此等の仏菩薩・大聖(だいしょう)等・総じて序品列坐の二界八番の(ざっ)(しゅう)等一人ももれず、此の御本尊の中に住し給い妙法五字の光明(こうみょう)にてらされて、(ほん)()尊形(そんぎょう)となる。

Without exception, all these Buddhas, bodhisattvas, great sages, and, in general, all the various beings of the two worlds and the eight groups who appear in the “Introduction” chapter of the Lotus Sutra dwell in this Gohonzon. Illuminated by the light of the five characters of the Mystic Law, they display the dignified attributes that they inherently possess.

There were Buddhas, bodhisattvas, and great sages, including eight kinds of protective beings dwelling in the world of desire and world of form, who were present during the preaching of the Introduction chapter of the Lotus Sutra. All of them, without exception, reside in the Gohonzon. Illuminated by the light of the five characters of Myoho-renge-Kyo, they all manifest the true and venerable nature that they inherently possess.

是を本尊とは申すなり。

This is the object of devotion.

This is what we call the Gohonzon.

経に云く「諸法実相」是なり。

This is what is meant when the sutra says “the true aspect of all phenomena.”

In the sutra, this is described as the true entity of all phenomena.


                     つづく Next
御書本文   目次 Index                    



by johsei1129 | 2016-04-30 15:27 | PASSAGE OF NICHIREN | Comments(0)
2016年 04月 30日

 如説修行抄筆記 一  宗教の五箇(か)に依って宗旨の三箇を弘通すれば必ず三類の大難あり



       如説修行抄筆記
           大貳(だいに)()日寛記



一 此の抄の大意は、宗教の五()に依って宗旨の三()を弘通すれば必ず三類の大難あるの相を御書して、宗祖の弟子、如説修行の人なることを判じたまうなり。

一 題号とは(つう)(べつ)あり。通に亦二有り。

初めに内外・大小に通ずることを云わば、外道の四韋陀(しいだ)十八大経は如説なり。其の所説の如く修行する故に如説修行なり。儒道には仁義(じんぎ)等の五常を明かして、其の如く修行すれば如説修行なり。故に開目抄に云く「此等の聖人に三墳(さんぷん)・五典・三史等の三千余巻の書あり乃至(ただ)現在に家を治め孝をいたし堅く五常を行ずれば(ぼう)(ばい)も・うやまい」等と云云。此れは儒家の如説修行なり。

開目抄の上に云く「此の三仙の所説を韋陀(しいだ)と号す、六万蔵あり乃至各各(おのおの)・自師の義をうけて堅く(しゅう)するゆへに或は冬寒に一日に三度・(ごう)()に浴し(乃至)此等の邪義其の数をしらず」云云。此れは外道(げどう)の如説修行なり。

  仏道に於て四教五時あれども、其の教の如く修行するは如説修行なり。(ほう)()等の菩薩は華厳経の如説修行の人なり。迦葉(かしょう)・舎利弗は阿含(あごん)三蔵の如説修行の人なり。文殊(もんじゅ)弥勒(みろく)等の諸菩薩は方等・般若(はんにゃ)・法華経の迹門及び涅槃(ねはん)経の如説修行の人なり。上行(じょうぎょう)等の菩薩は本門寿量の如説修行の人なり。故に御書五巻三十・四五に云く「華厳経を(たも)てる普賢菩薩・解脱(げだつ)(がつ)菩薩等」云云。」

  次に在世滅後に通ずることは、此れに(また)三あり。

一に人法相対に約し、二に師弟相対に約し、三に自行(じぎょう)()()に約するなり。

一には人法相対に約するなり。(いわ)く、如説は法に約し、修行は人に約す。在世に於て之をいわば、釈尊所説の一代経は法なり。其の所説の如く(みずか)之を行ずるは修行なり。経に云く「我れ(もと)菩薩の(どう)を行じて」文。「菩薩の道」とは法なり。「行」は修行なり。「我」とは人なり。故に修行は人に約するなり。釈尊の所説とは妙法蓮華経なり。経文に「唯以(ゆいい)一大事」文。修行とは妙法蓮華経なり。経文に「(ことごと)く諸仏の無量の道法(どうほう)を行ず」文。亦「我れ(もと)菩薩の道を行じて」文。御書二十三に云く、云云。

次に師弟相対に約せば、如説とは師説なり。修行とは弟子に約す。謂く、師の所説の如く弟子(これ)を修行す、是れ如説修行なり。在世に於ては釈尊の所説の如く、一会(いちえ)の大衆之を修行す。薬草品に云く「其れ衆生有って、如来の法を聞いて、()しは(たも)ち、読誦(どくじゅ)し、説の如く修行す」文。「()れ衆生有って」とは弟子なり。「如来」とは師なり。「法」とは所説の法なり。「若しは持ち、読誦し」とは修行なり。此の一文、弟子の人法に約すること分明(ふんみょう)なり。

三に自行化他に約す。如説とは化他なり。修行とは自行なり。謂く、五種法師の中に四は自行なり。(げせつ)は化他なり。(みずか)ら妙法を受持、読、(じゅ)、書写するは自らの修行なり。他を教えてなさしむるは化他なり。他に教ゆるは如説なり。他に教ゆる(ごと)く自ら修行する、此れ如説修行なり。(しゃく)に云く「行ずる所は言う所の如く、言う所は行ずる所の如し」文。「言う所」とは所説なり。「行ずる所」とは修行なり。滅後に於ても()の三あり。宗祖に於ても此の三あり。宗祖の如く、口に妙法を説き、身に妙法を修行し、其の所説の妙法を弟子檀那(だんな)修行するなり。弟子檀那に教ゆるは()()なり。自ら修行するは自行なり云云。四巻二十三ヲ


              つづく


 本書目次                    日寛上人 文段目次



by johsei1129 | 2016-04-30 12:21 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)
2016年 04月 29日

Gosho 諸法実相抄 The True Aspect of All Phenomena

されば釈迦・多宝の二仏と云うも(ゆう)の仏なり、

Therefore, the two Buddhas, Shakyamuni and Many Treasures, are Buddhas who are functions [of Myoho-renge-kyo].

Even the two Buddhas, Shakyamuni and Tahō, are provisional Buddhas.

妙法蓮華経こそ本仏にては御座(おわし)候へ、

It is Myoho-renge-kyo that is the true Buddha. 

Myoho-Renge-Kyo is the True Buddha.

経に云く「如来秘密神通(じんつう)()(りき)」是なり、

This is what is described in the sutra as “the Thus Come One’s secret and his transcendental powers.”

The sutra describes this as “the Tathagata’s secret and his wondrous power.”

如来秘密は(たい)の三身にして本仏なり、

The “Thus Come One’s secret” refers to the entity of the Buddha’s three bodies, and it refers to the true Buddha.

The Tathagata’s secretsignifies the true enlightened properties and the True Buddha.

神通之力は(ゆう)の三身にして迹仏(しゃくぶつ)ぞかし、

“His transcendental powers” refers to the functions of the three bodies, and it refers to provisional Buddhas.

The wondrous powerindicates the provisional three enlightened properties and the provisional Buddhas.


                つづく To be continued
御書本文  目次 Index



by johsei1129 | 2016-04-29 12:10 | PASSAGE OF NICHIREN | Comments(0)
2016年 04月 29日

妙法尼抄記 終  臨終の処に清浄にして本尊を掛け奉り、香華灯明(とうみょう)を備うべき事

第三に善知識に五()の習う事あり。

 一 臨終には知識を勧むる事が肝心なる事、(たと)えば牧の馬を取るが如しの事

 一 常に善知識を()んことを祈るべし、並びに兼ねて之を頼り置くべき事

 一 ()し死病と定まらば早く病人に告知すべし、用捨無用の事

 一 只今(ただいま)と見る時、耳の側によりてすすむべき事

 一 死後六(とき)七時も(しかばね)を動かすべからざる事

第四に看病人に三()の習う事あり。

 一 世間の雑談並びに病人の執心(しゅうしん)を残すべき事を一切(かた)るべからざる事

 一 紙にて水を少しずつ口に(うるお)すべき事

 一 一切病人の心に(さわ)らざるように取り扱うべき事

   阿祇陀(あぎだ)王、一念の(いかり)にて大蛇と成る事。弘の一中に云く「臨終に(むくい)を受くること、(また)強きに従って()く」文

第五に臨終の()(ほう)に五箇条の事

 一 其の処に清浄にして本尊を掛け奉り、香華(とう)(みょう)を備うべき事

 一 遅からず速からず、()えず鐘を打つべき事、

鐘の声を聞いて苦を忘るる事、けいにた王並びに()(こう)の事

 一 家中にて魚鳥を焼くべからざる事

 一 魚鳥()(しん)を食し並びに酒酔の人は門内に入るべからざる事

 一 病人の近き(ところ)には五三人に過ぐべからざる事

第六に死相に善悪の習いあり

 御書十九・六十三に、黒白(こくびゃく)軽重(けいちょう)、強弱云云

 問う、父母・師匠、臨終に悪相あらば、(かく)すを以て孝とせんや、顕すを以て孝とせんや

 外十三・二十三に「所詮(しょせん)臨終只今にありと解りて信心を致して南無妙法蓮華経と唱うる人を『()(にん)命終(みょうじゅう)()千仏(せんぶつ)授手(じゅしゅ)(中略)と説かれて候』と。

 又二十五に云く「(あい)(かま)えて相構えて(ごう)(じょう)の大信力を致して南無妙法蓮華経、臨終正念(しょうねん)と祈念し給へ、(しょう)()一大事の血脈(けちみゃく)此れより(ほか)に全く求むることなかれ(乃至)信心の血脈なくんば法華経を(たも)つとも()(やく)なり」と。

 徒然(つれづれ)の四十九段に云わく「老い(きた)たって始めて道を行ぜんと待つ事なかれ。古き(つか)、多くは是れ少年の人なり。寒山の詩に(いわ)く、老い来たるを待って始めて道を学ぶこと(なか)れ 昔ありける(ひじり)は、人来たって自他の要用を云ふ時、『火急の事あり、既に朝夕(ちょうせき)にせまれり』とて、耳をふさぎ聞かざるなり。(しん)(かい)と云ふ聖は、うずくまりてのみぞ有りける、『三界六道には心(やす)しり()さし()へて居る所なき故なり』とぞ」と。


文段 目次                  



by johsei1129 | 2016-04-29 11:56 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)
2016年 04月 28日

Gosho 諸法実相抄 The True Aspect of All Phenomena

又云く「実相(じっそう)は必ず諸法・諸法は必ず十如(じゅうにょ)・十如は必ず十界・十界は必ず(しん)()」、

Another says:“The true aspect invariably manifests in all phenomena, and all phenomena invariably manifest in the ten factors. The ten factors invariably manifest in the Ten Worlds, and the Ten Worlds invariably manifest in life and its environment.”

The annotations further state,The true entity is always revealed in all phenomena [three thousand realms], which invariably possess the ten factors, which invariably possess the ten worlds, which invariably possess both life and its environment.

又云く「阿鼻(あび)の依正は全く(ごく)(しょう)の自心に処し、毘盧(びる)の身土は(ぼん)()の一念を()えず」云云、

And “Both the beings and the environment of the Avīchi hell exist entirely within the life of the highest sage [Buddha], and what is more, the life and the environment of Vairochana [Buddha] never transcend the lives of common mortals.”

Life and its environment in avichi hell exist within the Buddha’s supreme and venerable mind. The Buddha’s life and its environment do not exist outside a single moment of life of a common mortal.

 此等の釈義分明(ふんみょう)なり誰か()(もう)を生ぜんや、

These explanations are precise and clear. Who could have doubts?

Based on these interpretations, the meaning of the sutra is clear. Who can doubt it

されば法界のすがた妙法蓮華経の五字にかはる事なし、

Thus, the entire realm of phenomena is no different than the five characters of Myoho-renge-kyo.

This world is nothing but a manifestation of the five characters of Myoho-Renge-Kyo.

 
                つづく To be continued
御書本文  目次 Index



by johsei1129 | 2016-04-28 22:03 | PASSAGE OF NICHIREN | Comments(0)
2016年 04月 28日

妙法尼抄記 三  爾前・迹門は邪法・邪師の邪義なり。本門寿量は正法・正師の正義なり


一 
()ず臨終の事を習うて等

  先後を知る(とき)は道に近きなり云云。

  先に為すべきを(あやま)って後に為す。譬喩経、おし鳥のまねの事

  後に為すべきを謬って先に為す。徒然草、先ず馬を習う法師の事

 多年・(せつ)()の二種の臨終の事 爾前・迹門は邪法・邪師の邪義なり。本門寿量は正法・正師の正義なる事

  「日蓮が申す法門僻事(ひがごと)に候はば、よも臨終正念に住し候はじ」云云。

第一に妙法三力(さんりき)の習い(おのずか)ら三あり

一には末法下種の本仏の仏力 御書五・二十九。「付けたり()(さき)(きょう)の船の譬」の事

二には末法下種の妙法の経力(きょうりき) 御書十九・六十三に「譬えば女人(乃至)白物の・ごとし」と。三十二・十三

三には末法下種の信力 御書二十三に「(たと)ひ頚をば(のこぎり)にて引き切り・どう()をば()ほこ()を以て・つつき・足にはほ()しを打つてきり()を以てもむとも、命のかよ()はんほどは南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経と唱えて唱へ死に(しぬ)るならば釈迦・多宝十方の諸仏・霊山()上にして御契約なれば須臾(しゅゆ)の程に飛び来りて手をとり肩に(ひき)()けて霊山(りょうぜん)へ・はし()り給はば」となり。  

第二に行者用心の習い、(また)三有り  

臨終の一念は百年の(ぎょう)(こう)に勝る

○木は傾く方にたおるる事

  一 断末(だんまつ)()の用心に亦三の習いあり

一には平生善を修むれば苦悩多からず・・正法(しょうほう)(ねん)

二には平生人を(そし)らざれば苦悩少なし・・顕宗論

三には平生覚悟を(さだ)むれば苦に驚かず 

○引きよせて○すわ、さればこそ

二 執著(しゅうじゃく)の用心にまた二の習いあり

    ○孔子()(ぎょ) (はく)(きょ)() ○子はまさるらし

一には妻子に執著 鼻の中に虫に生まる、(しゃ)(せき) 四に云云。又五無反復経。鳥の夜林親子。渡りの船・父子。(いち)の人・夫婦。花を愛するもの蝶となる。

二には財宝に執著 ()(ざん)寺の明道、天井の錢。はだかにて生まる、財宝何ぞ執せん。(いわん)や出家は皆仏の物なるをや。止の七に云く「財は(ふん)()の如し、之を捨つること(つばき)の如し」云云。(ほう)居士、財を捨つ

三 天魔の用心

沙石の四・二十三に引き()られて死する事、また手を打って飛び去る事。

善悪二相(とも)に驚くべからざる事、伝心法要。蜷川(にながわ)が事

      御書二十八に云く「三(しょう)四魔と申すは」云云


              つづく
文段 目次




by johsei1129 | 2016-04-28 21:33 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)
2016年 04月 27日

Gosho 諸法実相抄 The True Aspect of All Phenomena 

諸法実相抄

The True Aspect of All Phenomena

The True Entity of All Phenomena

             文永十年五月十七日 五十二歳御作

             May 17, 1273 (Age: 52)

問うて云く、法華経の第一方便品(ほうべんぽん)に云く「諸法(しょほう)実相(じっそう)乃至(ないし)本末究竟(ほんまつくきょう)(とう)」云云、

Question: The“Expedient Means” chapter in the first volume of the Lotus Sutra states, “The true aspect of all phenomena [can only be understood and shared between Buddhas. This reality consists of the appearance, nature . . .and] their consistency from beginning to end.”

Question:A passage from the Expedient means chapter in volume one of the Lotus Sutra states:

The true entity of all phenomena [can only be understood and shared between Buddhas. This reality consists of the appearance, nature,….] and consistency from beginning to end.

此の経文の(こころ)()(かん)

What does this passage mean?

What does this passage mean

答えて云く(しも)地獄より(かみ)仏界までの十界の()(しょう)の当体・(ことごと)く一法ものこさず妙法蓮華経のす(姿)たなりと云ふ経文なり

Answer: It means that all beings and environments in the Ten Worlds, from hell, the lowest, to Buddhahood, the highest, are without exception manifestations of Myoho-renge-kyo.

Reply: It means that the true entity of life and its environment, from the lowest world of hell to the highest world of Buddhahood within the ten worlds, is the manifestation of Myoho-Renge-kyo.

依報あるならば必ず正報(しょうほう)住すべし、

If there is an environment, living beings are bound to dwell there. 

Wherever there is life, its environment invariably exists as well.

釈に云く「依報正報・常に妙経を()ぶ」等云云、

A commentary states, “Living beings and their environments always manifest Myoho-renge-kyo.”

The annotations of this sutra read,Life and its environment reveal Myoho-Renge-Kyo without exception….”


                    つづく To be continued
御書本文  目次 Index



by johsei1129 | 2016-04-27 23:06 | PASSAGE OF NICHIREN | Comments(0)
2016年 04月 26日

Gosho 草木成仏口決 The Oral Tradition regarding the Enlightenment of Plants

()()()

一念三千の法門を()すす()ぎたてたるは(だい)(まん)()()なり。

The doctrine of three thousand realms in a single moment of life I have revealed in all its purity in the great mandala.

I have refined the doctrine of ichinen sanzen (three thousand realms in a single life-moment) and revealed it in the form of the great mandala.


本文 Original text  目次 Index



by johsei1129 | 2016-04-26 21:28 | PASSAGE OF NICHIREN | Comments(0)
2016年 04月 26日

妙法尼抄記 二  已(すで)に生・老・病有り、豈(あに)死無かる可けんや


一 か
()こきもはかなきも

  止の七・四十七に云く「無常の殺鬼は、豪賢を(えら)ばず淮南子(えなんじ)に云く、智百人に過ぐ、之を豪と謂う。聚斂(しゅうれん)未だ足らず、(こう)(ぜん)として長く()く溘は去なり。所有の産貨(いたずら)に他の有と為る。山海空市、逃避する処無く、()(ねん)を救うが如し。(あに)(また)世財に貪着(とんじゃく)して、生死の業を造らんや」文。(注:()(ねん)。頭に火がつくこと。火急。)

  「豪賢」とは即ち(がん)(かい)の如きこれなり。三十二歳にして死せるなり。

  論語の先進篇に云く「()(こう)()問う『弟子(たれ)か学を好むと為す』と。孔子(こた)えて曰く『顔回という者有り、学を好む。不幸短命にして死す。今や則ち()し」云云。

   平生(あやま)って百年の計を()す 

(がん)(ぱん)古碑(こひ)空しく(りょく)(たい)  云云。

  亦(まさ)に「親しきも(うと)きも、貴きも賎しきも」と云うべし。

  宗祖云く「親疎(しんそ)同じく走り行けども我が身の無常をかへりみず」(新定一六一五)云云。

  よしや君昔の玉の床とても かからん後は(なに)にかはせん (西行、(さぬ)()院の御陵に(もう)でてよめる歌なり。

  草も木も(なび)きし秋の霜消えて 空しき(こけ)を払う松風 (かもの長明、頼朝(びょう)でてよめる歌なり。

 山海空市。
 弘の七末十八に云く「
法句(ほっく)(きょう)第二に云わく『(ぼん)()有り。兄弟四人(おのおの)神通を得て、後七日あって一時に皆死せんと知る。(ひと)りは大海に入り、一りは(しゅ)()に入り、一りは虚空(こくう)()がり、一りは市の中に入らんと。(おのおの)云く、是くの如き処に()らば、無常の殺鬼、(あに)我が処を知らんやと。王に()て意を()ぶ。七日にして(すで)(おのおの)命終す。市(かん)、王に(もう)す、一の梵志市中に死すと。王云く、一人(すで)に死す、余の三(あに)免れんやと。即ち仏に問う。仏言く、四事有って、(のが)るべからず。(すで)に生・老・病有り、(あに)死無かる可けんや』と」云云。

  ()(ねん)を救うが如しとは、啓蒙三十四・五十五。

  御書三十四・三に云く「無常は須臾(しゅゆ)の間なり、(だん)()いつとか弁へん。我も人も願くは頭燃を払うが如くせよ」(新定一六一六)云云。已上、()(かん)の文、消し(おわ)んぬ。  

一 老いたるも若きも(さだ)め無き習いなり。

  老いたるも 

定めなき世にも若きは(たのみ)あり (ただ)とにかくに老いの身ぞ()   (しゅん)(ぜい)

  若きも

とにかくに老いはあまたの年も()つ 定めなき世に若きこそうき   定家(ていか)

 宗祖云く「(たと)ひ千秋を送るとも、歳月程なく過ぎ易し、況や老少不定なり、いつをいつとか(たの)むべき」(新定一六一六)云云。

  徒然(つれづれ)の四十九段に云く「(すみ)やかにすべき事をゆるくし、ゆるくすべき事をいそぐなり」と。

  寒山(かんざん)(じゅ)に云く「老い来たるを待って始めて道を学ぶこと(なか)れ、古(つか)多くは()れ少年の人なり」云云。


                     つづく
文段 目次 



by johsei1129 | 2016-04-26 21:12 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)
2016年 04月 25日

Gosho 法華取要抄 Choosing the Heart of the Lotus Sutra

法華取要抄 

Choosing the Heart of the Lotus Sutra

The Essentials of the Lotus Sutra

     
                 文永十一年五月二十四日 五十三歳御作

      May 24, 1274 (Age:53)

問うて云く、如来滅後二千余年・竜樹(りゅうじゅ)(てん)(じん)・天台・伝教の残したまえる所の秘法は何物ぞや、

Question: In these two thousand and more years since the passing of the Buddha, what are these “secret Laws” that were left unrevealed by Nāgārjuna, Vasubandhu, T’ien-t’ai, and Dengyō?

Question: What are the secret Laws that Nagarjuna, Vasubandhu, Tiantai, and Dengyō could not propagate during the two-thousand-odd years after Shakyamuni Buddha’s passing

答えて云く、本門の本尊と戒壇と題目の五字となり

Answer: They are the object of devotion of the essential teaching, the sanctuary of the essential teaching, and the five characters of the daimoku of the essential teaching.

Answer: They are the True Object of Worship of the Essential Teaching, the High Sanctuary of the EssentialTeaching, and the five characters of the Daimoku of the Essential Teaching.


                         つづく Next
御書本文 Original Text  目次 Index



by johsei1129 | 2016-04-25 23:00 | PASSAGE OF NICHIREN | Comments(0)