日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 99 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 31日

日蓮大聖人が身延山中への入山する時の心境を記された書【仏眼御書】

【仏眼御書】
■出筆時期:建治二年(1276年)五十五歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書は前後の文が不明で数行の断簡が残されているだけのため対告衆等の詳細は不明ですが「一人のし(知)る人日蓮をにくみしかば、此の山にかくれて候」と、身延山中に入山される心境を率直に記されておられることから、気持ちの通じ合った富木常忍のような古参の強信徒に送られたのではないかと推察されます。

本文の趣旨は、「仏眼・仏耳をもって三度、日本国の為政者を諌めたが、日蓮の言を用いることなく、蒙古の襲来で国が滅びようとしている。また国中に白癩病(現ハンセン病)で苦しむ人々が大勢いる。それにも関わらず日本国の中で只一人、この原因を知っている日蓮を憎むが故に、此の身延に隠居するのである」とおもわれますが、この断簡だけでは、大聖人が国家諌暁が叶わなかった事への諦めの心境とも受け取られますが、恐らく本書の全体が明らかになれば、今後は弟子・信徒を教化し令法久住に邁進する思いが記されいたのではないかと強く拝されますす。
■ご真筆:東京都 常圓寺(断簡)所蔵。

【仏眼御書 本文】

仏眼をか(借)り、仏耳をたまわ(賜)りて、しめ(示)し候ひしかども、
用ゐる事なければ、ついに此の国やぶれなんとす。
白癩病の者のあまたありて、一人のし(知)る人日蓮をにくみしかば、
此の山(身延山)にかくれて候。
※本書の前後の文はご真筆・古写本が伝えられていないため不明です。






by johsei1129 | 2015-12-31 20:12 | 弟子・信徒その他への消息 | Comments(0)
2015年 12月 31日

GOSHO 立正安国論67 施を止めて命を絶つ 十七

蟻子(ぎし)を殺す者は必ず三悪道に落つ、謗法(ほうぼう)(きん)ずる者は不退(ふたい)の位に(のぼ)る、

One who kills so much as an ant will invariably fall into the three evil paths, but one who helps eradicate slander of the Law will ascend to the state from which there can be no retrogression.

If one kills even an act, he will surely descend into the three evil paths. However, if one tries to refute slander of the sutra, he will definitely reach the stage of non-regression.

所謂(いわゆる)(かく)(とく)とは是れ()(しょう)仏なり、有徳(うとく)とは則ち釈迦(しゃか)(もん)なり。

Thus the passage tells us that the monk Realization of Virtue was reborn as the Buddha Kāshyapa, and that King Possessor of Virtue was reborn as the Buddha Shakyamuni.

For example, Kakutoku was reborn as Kashyapa Buddha, and King Utoku was reborn as Shakyamuni Buddha.

法華涅槃(ねはん)(きょう)(ぎょう)は一代五()肝心(かんじん)なり、其の(いましめ)実に(おも)し、誰か帰仰(きごう)せざらんや、

The Lotus and the Nirvana sutras represent the very heart of the doctrines that Shakyamuni preached during the five periods of his teaching life. Their warnings must be viewed with the utmost gravity. Who would fail to heed them?

The teachings of the Lotus-Nirvana Period are the heart of Shakyamuni’s doctrines expounded throughout the five periods of his lifetime of preaching. The warnings in these teachings are extremely serious. How could anyone fail to seek and devote oneself to them

                      つづく Next
御書本文】【目次 Index

f0301354_21133611.jpg




by johsei1129 | 2015-12-31 18:57 | PASSAGE OF NICHIREN | Comments(0)
2015年 12月 31日

GOSHO 立正安国論66 施を止めて命を絶つ 十六

法華経に云く「()し人信ぜずして此の経を毀謗(きぼう)せば、(すなわ)ち一切世間の(ぶっ)(しゅ)を断ぜん、乃至(ないし)其の人(みょう)(じゅう)して阿鼻獄(あびごく)に入らん」已上。

The Lotus Sutra says: “If a person fails to have faith but instead slanders this sutra, immediately he will destroy all the seeds for becoming a Buddha in this world. . . . When his life comes to an end he will enter the Avīchi hell.”

The Lotus Sutra states,If one does not believe in the sutra and commits slander, he will sever himself from all the causes in this world for becoming a Buddha.….After he dies, he will fall into avichi hell.

()れ経文顕然(けんねん)なり、私の(ことば)何ぞ(くわ)えん、

The meaning of these passages from the sutras is perfectly clear. What need is there for me to add any further explanation?

The meanng of this passage is all too apparent. Why should I elaborate any further

(およ)そ法華経の如くんば大乗経典を(ぼう)ずる者は無量の五(ぎゃく)(すぐ)れたり、

If we accept the words of the Lotus Sutra, then we must understand that slandering the Mahayana scriptures is more serious than committing the five cardinal sins countless times.

Based on the Lotus Sutra, slandering the Mahayana scriptures is a greater offense than committing the five cardinal sins an infinite number of times.

故に阿鼻(あび)大城(だいじょう)()して永く(いず)()無けん、

Therefore, one who does so will be confined in the great citadel of the Avīchi hell and cannot hope for release for an immeasurable length of time.

Those who commit an offense against the scriptures will fall into the hell of incessant suffering and remain there nearly an eternity.

涅槃経(ねはんぎょう)の如くんば(たと)い五逆の()を許すとも謗法(ほうぼう)()(ゆる)さず、

According to the Nirvana Sutra, even though you may give alms to a person who has committed the five cardinal sins, you must never give alms to a person who has slandered the Law.

According to the Nirvana Sutra, though one may be forgiven for making offerings even to a perpetrator of the five cardinal sins, one will never be permitted to give alms to slanderers of the sutra.

                  つづく Next
御書本文】【目次 Index

f0301354_18540436.jpg



by johsei1129 | 2015-12-31 18:40 | PASSAGE OF NICHIREN | Comments(0)
2015年 12月 31日

報恩抄文段 上二九  「我身命を愛せず、但(ただ)無上道を惜しむ」及び「寧(むし)ろ身命を喪(うしな)うとも、教を匿(かく)さざれ」等の厳命を固く守るべし。命を的(まと)に・懸(か)けるべし。


一 それは・いかにもあれ()(かく)智証(ちしょう)の等

  此の下は次に先師の違背(いはい)(しゃく)(じょう)するなり。

一 かうせめ候も()それにては候へども等

  此の下は次に()(しゃく)所以(ゆえん)を明かすなり。

是れ(すなわ)ち「(われ)身命を愛せず、(ただ)無上道を惜しむ」及び「(むし)ろ身命を(うしな)うとも、教を(かく)さざれ」等の厳命を固く守るが故なり。是の故に「い()ちをまと()に・()けて」等と云うなり。

一 されば(ろう)(まい)を等

  此の下は第三に総結(そうけつ)の文なり。此れ亦二と為す。初めに結して破し、次に覚・証の謗法(ほうぼう)弘法(こうぼう)(ちょう)()するを示すなり。

文に云う「()(こん)(とう)の経文をやぶ()らせ給う」とは、覚・証の()(どう)()(しょう)(すなわ)ち三説超過の経文を(やぶ)れり。()(しか)らば、(あに)三仏の怨敵(おんてき)(あら)ずや。

文に云う「弘法大師こそ」等文。此の下は次に覚・証の謗法、弘法に超過するを示す、亦三と為す。初めに(まさ)しく示し、次に「例せば」の下は(たとえ)()げ、三に「()(かく)」の下は譬を合す。

文に云う「弟子も(もち)ゆる事なし」とは、撰時抄下十三に云く「弘法の門人等は、大師の法華経を華厳(けごん)経に(おと)ると()かせ給へるは、我が()たながらも少し(こわ)きやうなれども」等云云。


                           つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-31 16:16 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)
2015年 12月 31日

報恩抄文段 上二八


問う、本理(ほんり)大綱集(たいこうしゅう)に云く「(けん)(みつ)(こと)なりと(いえど)も、大道(たが)うこと無し」云云。(また)等海抄十七に云く「山家の釈に云く、真言と止観と()(むね)(いつ)なり。故に一山に於て両宗を弘むと」等云云。(これ)()の文は(いかん)

答う、本理大綱集は(しん)偽未決(ぎみけつ)の抄なり。又等海の所引(しょいん)(また)是れ分明(ふんみょう)ならず。()伝教(でんぎょう)大師の真作ならば、(づなわ)ち亦是れ(やっ)(きょう)一往(いちおう)の義なり。(かみ)(じゅん)じて知るべし。

文に云う「()(かく)智証(ちしょう)と日蓮とが伝教大師の御事を」等とは、此の下は伏難を(しゃ)するなり。

(いわ)く、難じて云く「慈覚・智証は伝教大師の(じき)(てい)なり。日蓮は是れ後世(こうせい)末学(まつがく)なり。仮令(たとい)日蓮、智(かしこ)しと(いえど)も、伝教大師の御事(おんこと)に於ては、何ぞ慈覚・智証等に及ばんや」等云云。

之を()するに進・退の両釈あり。初めに退(しりぞ)いて之を会し、次に「玄奘(げんじょう)」の下は進んで之を会するなり。文義見るべし。

文に云う「宝蔵(ほうぞう)法師(ほうし)」とは、応に「(ほう)(ぼう)法師」に作るべし。宋高僧伝の第四・七云云。法宝法師は悲相の見惑(けんなく)を以て玄奘(げんじょう)三蔵(さんぞう)を難ず。此の難を通ずる為に婆沙(ばしゃ)の中に更に一十六字を加えたり。

(ほう)()三蔵は(ぞく)累品(るいほん)を以て経末に()く。(みょう)(らく)大師は記の第十に之を()す。法宝法師と妙楽大師とは、梵本(ぼんぽん)を見ずと(いえど)も、(しか)も梵本所覧の玄奘・法護を難じたもう。日蓮も(また)(しか)なり。後世(こうせい)末学(まつがく)なりと雖も直弟の(かく)(しょう)を難ずるに、何ぞ不可(ふか)有らんや。是れ(すなわ)正文(しょうもん)に相違する故なり。

一 伝教大師の依憑集(えひょうしゅう)と申す(ふみ)は等

此の(しも)は次に正文相違の(とが)を責む、亦二と()す。初めに文を引き、次に(いん)(もん)を釈す。初めの文を引くに、亦二と為す。初めに序の文を引き、次に正宗(しょうしゅう)の文を引く。

文に云う「新来の真言家(しんごんけ)は則ち筆授(ひつじゅ)相承(そうじょう)(ほろぼ)し」とは、諌迷(かんめい)七・六十、啓蒙(けいもう)七・五十五、同十四・三十四、其の(ほか)云云。

今謂く、此の序の文の意に(あるい)は二意有り。謂く、(しばら)文相(もんそう)(じゅん)ずるに、(ただ)元祖(がんそ)の依憑を挙げて、以て末弟の偏執(へんしゅう)を破するなり。()いて義意に(じゅん)ずるに、彼の元祖の依憑は、(すなわ)ち盗台に当るなり。其の故は天台法華の()に依憑して、宗々の()(きょう)誇耀(こよう)する故なり。(たと)えば大海の徳を取って()(しゃく)(たん)じ、王者の法を(もち)いて民家に()するが如し。(あに)誑惑(おうわく)に過ぐべけんや。故に宗祖は常に此の序の文を(もっ)て、(ただ)ちに元祖を()する義と()すなり。開目抄下十三に云云。撰時抄下七に云く「(ただ)し依憑集と申す一巻の秘書(ひしょ)あり乃至()の文の序に真言宗の誑惑一筆みへて候」等云云。

文に云う「(しょう)(しん)の心酔を(おお)う」とは、板点不可なり。秀句十勝抄九に輔の三・二十五を引き「(のち)に章安の義記(ぎき)を借るに()って(すなわ)(いよいよ)浅深に達し、体()け口(つぐ)み、身踊り心()う」云云。此の文何ぞ「心酔を(たい)()す」と点ずるを得んや。

文に云う「(こう)(にん)の七(ひのえ)(さる)の歳」とは、彼の最末に「弘仁四年」と云う。故に知んぬ、序は後に之を述するか。

文に云く「天竺(てんじく)の名僧、大唐(だいとう)天台の教迹(きょうしゃく)最も(じゃ)(しょう)(えら)ぶに()えたりと聞いて、渇仰(かつごう)して訪問する縁」云云。(まさ)に此くの如く点ずべし。「録」の字は(あやま)りなり。

文に云う「魯人(ろひと)のごとし」とは、補註(ふちゅう)十・四十に云く「魯の国の人(ちゅう)()(うやま)わず、(これ)を東家の丘と()えり。仏を学する(ひと)天台(てんだい)の妙教を敬わず、(また)魯人の如し」と云云。朝抄等は不可なり。

文云う「()の書は法相(ほっそう)三論(さんろん)華厳(けごん)・真言」等とは、是れ四宗の元祖(がんそ)()するなり。



                    つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-31 15:54 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)
2015年 12月 31日

報恩抄文段 上二七

一 (ただ)二宗(さい)(とう)文。

  此の(しも)は次に広く先師違背の(とが)()む、亦二と為す。初めに(まさ)しく責め、次に「かう()め」の下は()(しゃく)所以(ゆえん)を明かす。初めの正しく責むるに亦二と為す。初めに二宗斉等の(とが)を責め、次に「それは・いかにも」の下は(しゃく)(じょう)

初めの二宗斉等の失を責むるに亦二と()す。初めに無文の失を責め、次に正文(しょうもん)相違の失を責む。初めの無文の失を責むるとは亦二と為す。初めに正しく責め、次に「慈覚」の下は伏難を(しゃ)す。初文の中に先ず()の義を(ちょう)し、次に正しく責むるなり。

  文に云う「(そもそ)も伝教大師いづ()れの書に」等とは、

  問う、伝教大師に「二宗斉等」の文無きに(あら)ず。一には牛頭決(ごずけつ)に云く「(てん)(だい)(しょ)(りゅう)の『十界(じっかい)()()』の文と『秘密最大の三十七尊住心城』の文と大道(こと)なりと雖も、不思議(いつ)なり」云云。二には学生式(がくしょうしき)に云く「止観(しかん)と真言と二羽・両輪」等云云。(あに)「二宗(せい)(とう)」の文に非ずや。

  答う、是れ(やっ)(きょう)一往(いちおう)(ぼう)()にして(やく)部再往(ぶさいおう)正意(しょうい)には非ざるなり。例せば「此の妙と彼の妙と妙の義は(こと)なること無し。(ただ)方便を帯すると・方便を帯せざるを(もっ)(こと)なりと為すのみ」の文の如し。又「(すなわ)通依(つうえ)一切の大部指帰(しき)の妙境は法華より()ずと雖も」の文の如し。一往・再往、(ぼう)(しょう)分明(ふんみょう)なり。

中に於ても「大道殊なりと(いえど)も不思議一なり」「止観と真言と二羽・両輪」等とは、(ただ)是れ「此の妙と彼の妙と妙の義は(こと)なること無し」「則ち通依一切の大部」等の文の如く一往の(ぼう)()なり。

何を以て知ることを()るや。

謂く、一には真言宗の名を(けず)り、(ただ)天台(てんだい)法華宗と号する故に。

二には守護章に、大日経を傍依(ぼうえ)の経とするが故に。

三には依憑集(えひょうしゅう)に、真言宗を()するが故に。

四には又記の十を引き、真言の元祖(がんそ)魯人(ろひと)と云う故に。

五には含光(がんこう)の物語を引載(いんさい)する故なり。

(これ)()の文義に(じゅん)ずるに、教大師の御心(みこころ)、二宗の勝劣(しょうれつ)分明(ふんみょう)なり。故に知んぬ、「二宗斉等」の釈は、約教一往の傍義にして、約部再往の正意(しょうい)(あら)。故に()に属して(うば)って「いづれの書に()かれて」等と云うなり。守護章の上に云く「我が山家(さんけ)は部に約すれば八教に摂せず」云云。(すで)に「我が山家は部に約すれば」と云う、之を思い合すべし。

問う、教大師は何ぞ「一往(いちおう)(さい)(とう)」の釈を(もう)けたるや。

答う、是れ一山に於て両業(りょうごう)を修し、除障(じょしょう)の方便と()さんが(ため)なり。

問う、其の証如何(いかん)

答う、等海抄の十七・八に都率(とそつ)の三密抄を引いて云く「大日経の(しょ)始終(しじゅう)一向(いっこう)に法華の文義を以て此の経の理を(しゃく)(じょう)す。(さん)(がん)の妙理は(まった)く天台に同じ。問う、()(しか)らば何ぞ秘密経は(さわり)(のぞ)き、顕経は(しか)らざるや。答う、(えん)(どん)の理は法華等の経には()ぎず。除障の方便は三密の加持(かじ)には()かず。天台、法華の陀羅尼品(だらにほん)(しょ)に云うが如し『悪世の()(きょう)(すべ)(のう)(らん)多し、(じゅ)を以て(これ)(まも)流通(るつう)することを()るに便(びん)とす』云云。正宗の妙理は勝ると(いえど)も、(さら)に呪を用いて難を除く。故に知んぬ、三密の教門は除障(じょしょう)の術なり。此の教門は多く悪世の学者を利せんが為なり。我が山は真言・止観(しかん)を兼学す。(まこと)(ゆえ)有るなり」略抄。

諌迷七・五十九、中正十六・八云云。(また)(けん)戒論(かいろん)学生式(がくしょうしき)に「(また)国の為に護る」及び「護国真言」等の文、之を思い合すべし。


                 つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-31 15:38 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)
2015年 12月 31日

GOSHO 立正安国論65 施を止めて命を絶つ 十五

善男子・我涅槃(ねはん)の後、(じょく)(あく)の世に国土荒乱(こうらん)し互に(あい)抄掠(しょうりゃく)し人民飢餓(きが)せん、 

“Goodman, in the age of impurity and evil after I have passed away, the nation will fall into devastation and disorder, men will plunder and steal from one another, and the common people will be reduced to starvation.

My disciples, in the defiled age after my death, corruption and chaos will fill the land. People will steal from each other and suffer from starvation.

爾の時に多く飢餓(きが)の為の故に発心(ほっしん)出家するもの有らん

Because of hunger, many men at that time will declare their determination to leave their families and become monks.

Due to hunger, a great many people will choose to become monks in order to gather offerings for survival ].

是くの如きの人を名けて禿人(とくにん)()す、

Men such as these may be called shavepates.

I call them false monks.

是の禿人(とくにん)(やから)、正法を護持(ごじ)するを見て駈逐(くちく)して(いだ)さしめ、若くは殺し、若くは(がい)せん、

When this crowd of shavepates see anyone who is attempting to protect the correct teaching, they will chase after him and drive him away, or even kill him or do him injury.

Since they will drive away, expel, kill, or harm the protectors of the true Law,

是の故に我今持戒(じかい)の人・諸の白衣(びゃくえ)(とう)(じょう)を持つ者に()つて以て伴侶(はんりょ)と為すことを(ゆる)す、

That is why I now give permission for monks who observe the precepts to associate with and keep company with white-robed laymen who bear swords and staves.
 I give permission for [ the true ] monks who observe the precepts to be accompanied by lay believers carrying swords and staves.

(とう)(じょう)を持すと(いえど)も我是等を説いて名けて持戒(じかい)と曰わん、

Even though they carry swords and staves, I would call them men who observe the precepts.

Despite the fact that they are armed, I call them observers of the precepts.

(とう)(じょう)を持すと(いえど)も命を(だん)ずべからず」と。

But although they may carry swords and staves, they should never use them to take life.”

However, though they are permitted to bear weapons, they must not take the lives of others.”

                     つづく Next
御書本文】【目次 Index

f0301354_11272563.jpg



by johsei1129 | 2015-12-31 11:10 | PASSAGE OF NICHIREN | Comments(0)
2015年 12月 31日

顕祈顕応・顕祈冥応・冥祈冥応・冥祈顕応という四種の祈祷を示した書【道妙禅門御書】

【道妙禅門御書】
■出筆時期:建治二年(1276年)八月十日 五十五歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本消息は妙一尼が身延の大聖人を訪れた時、道妙の父親の病状回復の願いを申し出たことへの返書となっております。大聖人は祈祷には顕祈顕応・顕祈冥応・冥祈冥応・冥祈顕応の四種があるが「只肝要は此の経の信心を致し給い候はば現当の所願満足有る可く候」と諭されるとともに、妙一尼の身延への見参を称え、巻物一巻を持たせたのでこれを見てくださいと指導をされておられます。道妙禅門の名が御書に出てくるのは本消息だけですが、信徒一人一人の願いに答えられている大聖人の振る舞いは「一切衆生の異の苦を受くるは悉く是れ日蓮一人の苦なるべし」そのものであると拝されます。
尚、道妙禅門は1説では妙一尼の家人ではないかと伝えられておりますが、詳細は不明です。
■ご真筆:現存しておりません。

【道妙禅門御書 本文】

御親父祈祷の事承り候間仏前にて祈念申すべく候。
祈祷に於ては顕祈顕応・顕祈冥応・冥祈冥応・冥祈顕応の祈祷有りと雖も、只肝要は此の経の信心を致し給い候はば、現当の所願満足有る可く候。

法華第三に云く「魔及び魔民有りと雖も皆仏法を護る」と。第七に云く「病即消滅して不老不死ならん」との金言之を疑う可からず。

妙一尼御前当山参詣有り難く候、巻物一巻之を進らせ候披見有るべく候、南無妙法蓮華経。

八月十日  日蓮 花押
道妙禅門





by johsei1129 | 2015-12-31 01:18 | 弟子・信徒その他への消息 | Comments(0)
2015年 12月 30日

報恩抄文段 上二六


一 智証(ちしょう)大師等

  此の下は次に智証、亦三と為す。初めに師資(しし)習学(しゅうがく)、次に入唐(にっとう)伝受(でんじゅ)、三に自述矛盾(むじゅん)

 文に云う「智証大師」とは、釈書第三・十八を()いて見よ。文に「別当(べっとう)」と云うは(こう)(じょう)の事なり。釈書三・三云云。文に云う「良諝(りょうしょ)」とは、啓蒙(けいもう)七・五十九。文に云う「大日経の旨帰(しき)」とは、此の下は三に自述矛盾、亦三と為す。初めに真言を勝と為し、次に法華を勝と為し、三には「二宗の(さい)(とう)、亦二あり。初めに自述、二に宣示。

  初めに真言を勝と為すとは、大日経旨帰三十九に云く「(いま)案ずるに此の三摩(さんま)地門(じもん)(ただ)秘密教のみに()り。自余(じよ)一切(いっさい)(しゅ)多羅(たら)の中に()(しか)も書かず。故に大乗中の王、秘中の最秘と云う。法華(なお)及ばず。(いわん)や自余の教をや」云云。

御書三十二・二に云く「円珍(えんちん)智証(ちしょう)大師云く、『華厳(けごん)・法華を大日経に望むれば()()(ろん)()す』と」文。玄私記の七・四十一に云く「後唐院の記に云く、自証の境界は長短()(ごん)の相有ること無し。八葉の諸尊は機に(したが)って土を取る。(しか)して中台は本際(ほんざい)を動ぜず。(なんじ)が仏は新成(しんじょう)、吾が仏は()(じょう)等。皆()れ戯論にして仏法に(あら)ず。(まさ)に知るべし、華厳・法華の所説は皆戯論なり。()(ごん)は機に()り。(すべ)て仏に在るに非ず」等云云。又御書三十七・三。(注:真言見聞)

  次に法華を勝と為すとは、授決集の下巻四十五に云く「真言を謬誦(みょうじゅ)乃至若し法華・華厳・涅槃(ねはん)等の経に望むれば、是れ摂引(しょういん)(もん)」等云云。啓蒙(けいもう)七・五十九、中正十六・四十五、金山一下末三十五、開目の下十三。

又智証大師の講演法華義抄に云く「言う所の方便に能所(のうしょ)有り。能に一相有り、所に十相有り。阿字の法門を能門と名づく。()くの如き一字に四方を()す。所謂(いわゆる)能開・能示・能悟・能入等なり。菩提(ぼだい)(しん)の阿を能開と()し、菩提行の阿を能示と為し、証菩提の阿を能悟と為し、(にゅう)涅槃(ねはん)の阿を能入と為す。相性体(そうしょうたい)力作(りきさ)因縁(いんねん)果報(かほう)等の(にょ)()の十法を所開・所示・所悟・所入と為す」等云云。

  此の文は、真言を能通(のうつう)の方便と為し、法華を所通(しょつう)の本法と為す。故に法華の勝れたること文に()って分明なり。故に止観(しかん)見聞は此の文を(もっ)顕勝(けんしょう)密劣(みつれつ)の判釈とするなり。  

三の「二宗の斉等」とは「()(げん)経の記と論記とには『同じ』等云云。普賢経の記の下二十四に云く「天台(てんだい)の実相観と大日の不生観と並びに心に()るるべし」云云。論記の八末二十四に云く「仏、三世に於て(ひと)しく三身有り。諸経の中に於て(これ)を秘して伝えず。故に菩提(ぼだい)心論(しんろん)に云く、(ただ)()の経の中に即身(そくしん)成仏(じょうぶつ)す。故に是の三摩(さんま)地門(じもん)を説く。諸経の中に於て()て書せず。今、無畏(むい)三蔵の釈語の(ついで)()って之を書く。今と符合(ふごう)せり。彼此(ひし)(きら)(なか)れ」と文。

  文に云う「(じょう)(がん)八年」等とは、

  問う、何ぞ宣旨(せんじ)を以て自述矛盾(むじゅん)の中に属するや。

 答う、奏聞(そうもん)の旨に(まか)せて(すなわ)ち宣旨を(くだ)す。故に其の宣旨は、義、自述に(あた)るなり。故に宣旨に「聞くが如くんば、真言・止観、両教一宗」等と云うなり。故に宗祖は宣旨を(もっ)て即ち自語(じご)相違(そうい)の中に属したまえるなり。故に下の文に云く「(あるい)は真言すぐれ乃至宣旨を申し下すには乃至(これ)()(みな)自語相違」等云云。

一 ()れば慈覚・智証等

  此の(しも)は次に今師(こんし)()(しゃく)、亦三と()す。初めに略して自語相違を()め、次に「但し二宗」の下は広く先師違背の(とが)責め、三に「されば(ろう)(まい)」の下は総結(そうけつ)

  初めの文に云く「或は真言すぐ()れ乃至」等とは、

  問う、上来の慈覚の中に法華を(しょう)と為すの義を見ず。(いわん)や等海抄十七・五に天台(てんだい)・真言の勝劣同異を明かす中にも(また)其の相無し。故に等海抄に云く「心賀(しんが)御義(おんぎ)に云く、一には真言は事理(とも)一向(いっこう)に天台に勝れたり。()れは弘法・智証の御義なり。智証釈して云く、天台の(さん)(がん)一心(いっしん)の理は(みなもと)は阿字(もと)(くう)の理より()でたり云云。此の釈は能生(のうしょう)の法は真言、所生(しょしょう)の法は天台と釈する故に、所生(しょしょう)の法は事理(とも)(おと)ると聞えたり云云。二には事理()(みつ)は真言(すぐ)れたり。(ただ)理秘密は両宗同じきなり。是れ慈覚・五大院等の御義(おんぎ)なり。三には真言・天台、事理倶に一向に全く同じきなり。是れ伝教(でんぎょう)の御義なり。山家(さんけ)の釈に云く、真言と止観(しかん)()(むね)(いつ)なり。故に一山に於て両宗を(ひろ)む等云云。四には天台は勝れ、真言は劣るなり。是れ四重の秘釈(ひしゃく)を以て口伝(くでん)子細之(しさいこれ)有り」等云云。(しか)らば何ぞ「慈覚・智証乃至(あるい)は法華すぐれ」等といわんや。

  答う、是れ(すなわ)ち智証に(あい)(したが)故なり。又此の等海口伝を見るに、慈覚・智証の先師違背(いはい)の大罪、弥々(いよいよ)分明なり。


                   つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-30 22:37 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)
2015年 12月 30日

GOSHO 立正安国論64 施を止めて命を絶つ 十四

(かく)(とく)()()(かえ)(のち)寿(いのち)(おわ)つて亦閦仏(あしゅくぶつ)の国に往生(おうじょう)することを得て()の仏の為に声聞(しょうもん)衆中(しゅうちゅう)の第二の弟子と()る、

“Later, the monk Realization of Virtue also died, and he too was reborn in the land of the Buddha Akshobhya, where he became second among the Buddha’s voice-hearer disciples.

Monk Kakutoku was also born into this land after his death, and he became the second disciple of the Buddha.

()し正法()きんと(ほっ)すること有らん時、(まさ)()くの如く受持し擁護(おうご)すべし、

Thus, if the correct teaching is about to come to an end, this is the way one ought to support and defend it.

This is precisely the way you should uphold and defend the correct Law when it is about to perish.

迦葉(かしょう)()の時の王とは即ち我が身(これ)なり、説法の比丘は迦葉(かしょう)仏是なり、

“Kāshyapa, the king who lived at that time was I myself, and the monk who preached was the Buddha Kāshyapa.

Kashyapa, it was I, in fact, who was king at the time, and the monk who preached the sermon was Kashyapa Buddha.

迦葉(かしょう)、正法を(まも)る者は是くの如き等の無量の果報(かほう)を得ん、

Kāshyapa, those who defend the correct teaching enjoy this kind of boundless reward.

Kashyapa, those who protect the true Law will gain this kind of immeasurable merit.

是の因縁(いんねん)を以て我今日(こんにち)に於て種種の相を得て(もっ)て自ら荘厳(しょうごん)(ほっ)(しん)不可壊(ふかえ)の身を()す、

As a consequence, I have been able to obtain the distinguished characteristics that I possess today, to adorn myself with them, and to put on the Dharma body that can never be destroyed.”

The cause I created enabled me to acquire the many sacred features that adorn my present self and ultimately gain this indestructible body, the property of the Law.

仏、迦葉(かしょう)菩薩に告げたまわく、是の故に法を護らん()()(そく)等は(まさ)(とう)(じょう)(しゅう)()して擁護(おうご)すること是くの如くなるべし、

Then the Buddha declared to Bodhisattva Kāshyapa: “For this reason, laymen believers and others who wish to defend the Law should arm themselves with swords and staves and protect it in this manner.

The Buddha further said to Bodhisattva Kashyapa: Therefore, lay believers who protect the Law must do so with swords and staves.

                       つづく Next
御書本文】【目次 Index

f0301354_22172014.jpg



by johsei1129 | 2015-12-30 22:01 | PASSAGE OF NICHIREN | Comments(0)