日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 17日

百七、一閻浮提の座主 日目上人

日興の跡を継いだ日目も師日蓮の意思を厳格に受け継いだ。鎌倉の武家・京の公家へと為政者への(かん)(ぎょう)を続け、その回数は実に四十二度にも及んだ。

正安元年(一二九九)六月の奏聞のときには、永年の願いであった公場対決が実現し、京都六波羅探題(はらたんだい)において、北条宗宣(十一代執権)が帰依する念仏僧・十宗房道智を完膚なきまでに論破する。

元弘三年(正慶二年一三三三年)には百五十年間続いた鎌倉幕府が滅亡し、京都に天皇を頂点政治体制が敷かれることになった。これは日本の国主が、北条一門が担った執権から天皇に遷移したことを意味していた。

日目上人はすでに七十四歳という高齢だったが、今こそ天奏すべきとの決意を固め、翌十一月、弟子の日尊、日郷を供として京都へ向かった。しかし途中、美濃の垂井(たるい)(現在の岐阜県垂井町)の宿に至って病床に伏され、日尊、日郷に天奏の完遂と、後継者の日道上人への遺言を残して十一月十五日、七十四歳で入滅する。

その後、日尊は日目の遺命を守り上洛。また日郷は日目の遺骨を抱いて十二月に大石寺へ帰山し、下之坊に埋葬する。日尊は京都に残り、翌年の建武元年(一三三四年)に代奏を果たす。

以下に日目の天奏の申状を記す。


 日蓮聖人の弟子日目誠惶(せいこう)誠恐(せいきょう)謹んで(もう)す。殊に天恩を(こうむ)り、()つは一代説教の前後に任せ、且つは三時()(きょう)の次第に准じて正像所弘の爾前(にぜん)迹門(しゃくもん)の謗法を退治し、末法当季の妙法蓮華経の正法を(あが)められんと()うの状()え進ず

一巻 立正安国論 祖師日蓮聖人文応元年の(かん)(もん
 一通 先師日興上人申状(しんじょう) 元徳二年
 一、 三時弘経の次第 

右、謹んで案内を(かんが)えたるに、一代の説教は(ひと)り釈尊の遺訓なり、取捨(しゅしゃ)(よろ)しく仏意に任すベし、三時の弘経は則ち如来の(ごう)(ちょく)なり、進退全く人力に非ず。(そもそも)一万余宇の寺塔を建立して、恒例の講経(りょう)()を致さず、三千余の社壇を崇めて如在の礼奠(れいてん)怠懈(たいげ)せしむることなし。(しか)りと雖も顕教密教の護持も叶わずして、国土の災難日に随って増長し、大法秘法の祈祷も(しるし)なく、自他の反逆(とし)()うて(ごう)(じょう)なり、神慮(はか)られず仏意思い難し。(つらつら)微管(びかん)を傾け(いささ)か経文を(ひら)きたるに、仏滅後二千余年の間、正像末の三時流通の(ほど)、迦葉・竜樹・天台・伝教の残したもうところの秘法三つあり、所謂(いわゆる)法華本門の本尊と戒壇と妙法蓮華経の五字となり。之を(しん)(ぎょう)せらるれば、天下の安全を致し国中の逆徒を(しず)めん、此の条如来の金言分明(ふんみょう)なり大師の解釈炳焉(へいえん)たり。就中(なかんずく)我が朝は是れ神州なり、神は非礼を受けず、三界は皆仏国なり、仏は則ち謗法を(いまし)む。(しか)れば則ち爾前(にぜん)迹門(しゃくもん)の謗法を退治せば、仏も(よろこ)び神も慶ぶ。法華本門の正法を立てらるれば、人も栄え国も栄えん。望み()う、(こと)に天恩を(こうむ)り諸宗の悪法を棄捐(きえん)せられ、一乗妙典を崇敬(すうぎょう)せらるれば、金言しかも(あやま)たず、妙法の唱え(えん)()に絶えず、玉体(つつが)()うして宝祚(ほうそ)の境、天地と(さかい)無けん。日目、先師の地望を遂げんがために、後日の天奏に達せしむ。誠惶(せいこう)誠恐(せいきょう)謹んで(もう)す。  元弘三年十一月     日目

この日蓮・日興の精神をあやまたず記した申状は、ついに日目の手で届けられることはなかった。天奏を目前にして、臨終を迎える心情はどうだったのか。日目を看取った日郷が、門流の者に語った伝承をもとに綴った記録がのこる。
                 

目上(もくじょう)御遺言に曰く、此の申状奏せずして(つい)に臨終す。此の土の受生(じゅしょう)所用(しょゆう)無しと(いえど)も、今一度人間に生れ、此の状を奏すべし。若し此の状奏聞の人、未来に()いて(これ)有らば、日目が再来と知るべし。 富要四巻「申状見聞」

訳「この申状を奏進できず、ついに臨終を迎えることは、まことに無念の極みである。此の土に生を受けて以来、自分には取り立てての功績はなかったが、今一度人間に生を受け、なんとしてもこの申状を奏したい。もしもこの状を奏聞する者が将来・未来に現われたなら、日目の再来と知るべきである」

いらい日蓮正宗では広宣流布の代に、日目上人が現われるという言い伝えがある。



          最終章 日本の仏法、月氏へ流れる につづく


下巻目次



by johsei1129 | 2017-11-17 21:22 | 小説 日蓮の生涯 下 | Comments(0)


<< 小説 日蓮の生涯 下      百六、日興遺誡置文(にっこうゆ... >>