日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 17日

 妙法曼荼羅供養抄記 一 「寿量品の肝要たる南無妙法蓮華経」とは、即ち是れ文底秘沈の三大秘法の随一、本門の本尊の御事なり。故に「肝要」と云うなり。


 妙法曼荼羅供養抄

 

一 当抄大意の事

 (およ)そ妙法の曼荼羅(まんだら)とは、即ち是れ我等が受持し奉る所の三大秘法の随一、本門寿量の肝心、文底秘沈の大法、本地難思境智の冥合(みょうごう)、久遠元初の()受用(じゅゆう)報身の当体、事の一念三千、無作(むさ)(ほん)()の妙法蓮華経の御本尊の御事なり。是れ即ち釈尊出世の本懐、多宝証明の本意、分身(ふんじん)舌相(ぜっそう)の本意、本化(ほんげ)()(しゅつ)の本意、天台未弘(みぐ)の大法、蓮祖弘通の骨目(こつもく)、末法の我等が現当二世を成就(じょうじゅ)する秘法の中の大秘法なり。

問う、釈尊出世の本懐は、(ただ)法華経を説いて在世の衆生を脱せしめんが為なりや。

答う、一往は然りと雖も実に本意を尋ぬれば、(ただ)是れ末法今時の我等衆生に本門の本尊を受持せしめんが為なり。故に経に云く「()()き良薬を、今(とど)めて(ここ)()く」と。又云く「悪世末法の時」「(のち)の五百歳中広宣流布」等云云。宗祖、此等の経意に(じゅん)じ、判じて云く「法華経を諸仏出世の一大事と説かせ給いて候は()の三大秘法を含めたる経にて渡らせ給えばなり」等と云云。  

問う、多宝の証明、分身の舌相も(また)在世の衆生の為なりや。

答う、一往は(しか)りと雖も、実に本意を尋ぬれば、末法今時の衆生に本門の本尊を信受せしめんが為なり。何となれば、在世の衆生は久遠()(らい)調(じょう)()調(じょう)(よう)(ともがら)なり。故に一人に於ても無智の者(これ)無し。(しばら)(しゃ)()(ほつ)・目連等の如きは、現在を以て之を論ずれば智慧第一・神通(じんつう)第一の大聖なり。過去を以て之を論ずれば、(こん)(りゅう)()(せい)(りゅう)()仏なり。未来を以て之を論ずれば、()(こう)如来、光明如来等なり。霊山(りょうぜん)を以て之を論ずれば、三惑頓尽(とんじん)の大菩薩、本を以て之を論ずれば、内秘(ないひ)()(げん)の古菩薩なり。文殊(もんじゅ)()(ろく)等の大菩薩は過去の古仏の現在の応生(おうしょう)なり。梵釈・日月・四天等は、初成()(ぜん)の大聖なり。故に仏の在世には一人に於ても無智の者之無し。誰人の(うたがい)を晴らさんが為に多宝仏の証明を借り、諸仏(した)(いだ)し給わんや。随って経文には「況滅(きょうめつ)度後(どご)」「令法(りょうぼう)()(じゅう)」等云云。此等の経文を以て之を案ずるに、(ひとえ)に末法今時の我等衆生に本門の本尊を信ぜしめんが為なり。 

故に宗祖云く「実には釈迦・多宝・十方の諸仏・寿量品の肝要(かんよう)たる南無妙法蓮華経の五字を信ぜしめんが為なりと出し給う(こう)長舌(ちょうぜつ)なり」等云云。「寿量品の肝要たる南無妙法蓮華経」とは、即ち是れ文底秘沈の三大秘法の随一(ずいいち)、本門の本尊の御事なり。故に「肝要」と云うなり。(まさ)に知るべし、肝要とは即ち是れ文底、文底とは即ち是れ肝要なり。本化涌出の本意も()くの如し。故に撰時抄に云く「寿量品の南無妙法蓮華経の末法に流布(るふ)せんずるゆへに、此の菩薩を召し出されたる」等云云。

  然れば則ち此の妙法の曼荼羅は、釈迦・多宝・分身・地涌の御本懐、正像未弘(みぐ)の大法、末法流布の大白法、我等衆生の現当二世を成就(じょうじゅ)する秘法の中の大秘法なり。誰か之を信ぜざるべけんや。


                  つづく
日寛上人 文段目次 



by johsei1129 | 2016-05-17 22:18 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)


<< Gosho 御義口伝 Oral...      弟子・信徒教化のため法華経の根... >>