日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 19日

撰時抄下愚記 目次

日寛上人 御書講義

撰時抄下愚記

   

第二十段     浄土宗を破す

第二十一段  禅宗を破す

第二十二段  真言の善無畏を破す

第二十三段  真言の弘法を破す

第二十四段  聖覚房を破す

第二十五段  慈覚を破す

第二十六段  慈覚の本師違背の失

第二十七段  問答解釈して慈覚を破す

第二十八段  閻浮第一の法華経の行者

第二十九段  閻浮第一の智人

第三十段    智人たるの証文

第三十一段  閻浮第一の聖人

第三十二段  聖人たるを広く釈す
              他国侵逼難の兼知符合を説く
              自界叛逆難の兼知符合を説く
              蒙古来襲の兼知符合を説く
              日蓮大聖人、滅後の符合に三事あり
              「信」と「唱」より外には、仏に成る道を求むる事なかれ

第三十三段  日本第一の大人

第三十四段  外難を遮す  謗法の相貌、種脱相対して之を明かすべきなり

第三十五段  現証の文を引く  御本仏を侮る義を以て彼が胸中を知れ

第三十六段  御身の符合を明かす  十界具足の大御本尊、冥に顕に守護し給う

上にもどる

御書本文        文段 全目次



by johsei1129 | 2015-11-19 22:08 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)


<< GOSHO 立正安国論23  ...      一切の女人は此の経(法華経)を... >>