日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 22日

大聖人渾身の祈りで南条時光の寿命を五十年延ばした書【伯耆公御房消息】

【伯耆公御房消息】
■出筆時期:弘安五年(西暦1281)二月二五日 六十一御作。
■出筆場所:身延山中 館にて。
■出筆の経緯:本書は南条時光の病の急変を聞いた大聖人が、日郎に口述筆記させ、日興上人(伯耆房)に法華経薬王品の文を灰に焼いて精進河の水にいれ、時光に飲ませるよう指示している。さらに時光の大病がたとえ定業(寿命)だとしても、この度ばかりは助け給えと閻魔王に請願していると記し、時光に必ず助かるのだと強く励まされている。この大聖人の祈りにより、短命の家系だった時光は五十年寿命を延ばし、元弘元年(1331年)十月、大聖人の五十遠忌の法要を兄とも慕う日興上人とともに営み、翌年の正慶元年五月一日、七十四歳で、法華経、大聖人、日興上人に殉じた潔い生涯を終えている。
■ご真筆: 富士大石寺 所蔵(日郎代筆)


[伯耆公御房消息 本文]

御布施、御馬一疋鹿毛御見参に入らしめ候ひ了んぬ。

   兼ねて又此の経文は廿八字、法華経の七の巻薬王品の文にて候。然るに聖人の御乳母の、ひとゝせ(一年)御所労御大事にならせ給ひ候て、やがて  死なせ給ひて候ひし時、此の経文をあそばし候て、浄水をもってまいらせさせ給ひて候ひしかば、時をかへずいきかへらせ給ひて候経文なり。
  
 なんでう(南条)の七郎次郎時光は身はちいさきものなれども、日蓮に御こゝろざしふかきものなり。
  たとい定業なりとも、今度ばかりも、えんまわう(閻魔王)たすけさせ給へと、御せいぐわん(請願)候。
  明日寅卯辰(とらうたつ)の刻に、しやうじがは(精進河)の水とりよせさせ給ひ候て、このきやうもん(経文)をはいにやきて(灰に焼きて)、水一合に入れまいらせ候て、まいらせさせ給ふべく候。
恐々謹言。

    二月廿五日              日  朗 花 押

   謹 上  は わ き 公 御 房



[妙法蓮華経 薬王菩薩本事品第二十三]
 此経則為。閻浮提人。病之良薬。若人有病。得聞是経。病則消滅。不老不死。

(訳) 此の経は則ち閻浮提の人の病の良薬なり。若し人病有らんに、此の経を聞くこと得ば、病即ち消滅して不老不死ならん。

by johsei1129 | 2015-05-22 22:41 | 南条時光(上野殿) | Comments(0)


<< 開目抄愚記 上十三      自らの病をおして大病に臥した南... >>