日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 16日

末法に入りぬれば余経も法華経もせんなし但南無妙法蓮華経なるべし、と説いた【上野殿御返事】

【上野殿御返事(法要書)】
■出筆時期:弘安元年(西暦1278年)4月1日 五十七歳 御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書は大石寺開基檀那の上野殿(南条時光)に与えられた御消息文で、時光が姪(姉の娘)の姫御前が死去したことを大聖人に伝えた手紙への返書となっております。
 大聖人は、この姫御前から三月の十四、五日頃「病状が急変しこれが最後の手紙となります」と書かれた書が届いていたが「されば、つゐに、はかなくならせ給いぬるか」と嘆かれておられます。さらに時光から臨終に際しこの姫御前が「南妙法蓮華経」と唱えてなくなったことを知らされ、「此の人は先世の宿業か、いかなる事ぞ、臨終に南無妙法蓮華経と唱えさせ給いける事は一眼のかめの浮木の穴に入り、天より下いとの大地のはりの穴に入るがごとし」とその純粋な信仰心を讃えられておられます。
 さらに文末では「今末法に入りぬれば余経も法華経もせんなし、但南無妙法蓮華経なるべし<中略>此の南無妙法蓮華経に余事をまじへば・ゆゆしきひが事なり」と諭されておられます。
■ご真筆: 現存していない。古写本:日興上人筆(富士大石寺所蔵)

[上野殿御返事(法要書) 本文]
 
白米一斗・いも一駄・こんにやく五枚・わざと送り給び候い畢んぬ。
 なによりも石河の兵衛入道殿のひめ御前の度度御ふみをつかはしたりしが、三月の十四五やげにて候しやらむ御ふみありき。この世の中をみ候に、病なき人も・こねんなんどをすぐべしともみへ候はぬ上、もとより病ものにて候が、すでにきうになりて候さいごの御ふみなりと、かかれて候いしが、されば・つゐに・はかなくならせ給いぬるか。

 臨終に南無阿弥陀仏と申しあはせて候人は、仏の金言なれば一定の往生とこそ人も我も存じ候へ。しかれども・いかなる事にてや候いけん。仏のくひかへさせ給いて未顕真実・正直捨方便と・とかせ給いて候が、あさましく候ぞ。

 此れを日蓮が申し候へば、そら事うわのそらなりと日本国にはいかられ候。此れのみならず仏の小乗経には十方に仏なし一切衆生に仏性なしと・とかれて候へども、大乗経には十方に仏まします一切衆生に仏性ありと・とかれて候へば、たれか小乗経を用い候べき、皆大乗経をこそ信じ候へ。此れのみならず・ふしぎのちがひめども候ぞかし。

 法華経は釈迦仏・已今当の経経を皆くひかへしうちやぶりて、此の経のみ真実なりととかせ給いて候いしかば、御弟子等用ゆる事なし。爾の時・多宝仏・証明をくわへ十方の諸仏・舌を梵天につけ給いき。さて多宝仏はとびらをたて十方の諸仏は本土に・かへらせ給いて後は、いかなる経経ありて法華経を釈迦仏やぶらせ給うとも、他人わゑになりて・やぶりがたし。しかれば法華経已後の経経・普賢経・涅槃経等には、法華経をば・ほむる事はあれどもそしる事なし。

 而るを真言宗の善無畏等・禅宗の祖師等・此れをやぶれり。日本国・皆此の事を信じぬ。例せば将門・貞任なんどに・かたらはれし人人のごとし。日本国すでに釈迦・多宝・十方の仏の大怨敵となりて数年になり候へば、此の人は先世の宿業か・いかなる事ぞ、臨終に南無妙法蓮華経と唱えさせ給いける事は・一眼のかめの浮木の穴に入り・天より下いとの大地のはりの穴に入るがごとし。あらふしぎふしぎ。

 又念仏は無間地獄に堕つると申す事をば経文に分明なるをば、しらずして皆人日蓮が口より出でたりとおもへり。天はまつげのごとしと申すはこれなり。虚空の遠きと、まつげの近きと人みなみる事なきなり。此の尼御前は日蓮が法門だにひが事に候はば、よも臨終には正念には住し候はじ。

 又日蓮が弟子等の中に、なかなか法門しりたりげに候人人は・あしく候げに候。南無妙法蓮華経と申すは法華経の中の肝心、人の中の神のごとし。此れにものを・ならぶれば・きさきのならべて二王をおとことし、乃至きさきの大臣已下になひなひとつぐがごとし、わざはひのみなもとなり。正法・像法には此の法門をひろめず余経を失わじがためなり。

 今末法に入りぬれば余経も法華経もせんなし。但南無妙法蓮華経なるべし。かう申し出だして候も、わたくしの計にはあらず。釈迦・多宝・十方の諸仏・地涌千界の御計なり。此の南無妙法蓮華経に余事をまじへば、ゆゆしきひが事なり。日出でぬれば・とほしびせんなし、雨のふるに露なにのせんかあるべき。嬰児に乳より外のものをやしなうべきか。良薬に又薬を加えぬる事なし。

 此の女人は、なにとなけれども自然に此の義にあたりてしををせるなり。たうとし、たうとし、恐恐謹言。

弘安元年四月一日                         日  蓮  花 押
上野殿御返事




by johsei1129 | 2015-04-16 20:52 | 南条時光(上野殿) | Comments(0)


<< 小説 日蓮の生涯 上       立正安国論愚記 二七 >>