日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 08日

法華経を持つ女人は一切の女人に過たるのみならず一切の男子に超たりと説かれた四条金吾殿女房御返事

法華経を持つ女人は一切の女人にすぎたるのみならず一切の男子に超えたりと説かれた【四条金吾殿女房御返事】

【四条金吾殿女房御返事】
■出筆時期:文永十二年(西暦1275)一月二十七日 五十四歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書は四条金吾の妻である日眼女が、33歳の厄年にあたり御供養されたことへの返書となっている。この書の中で大聖人は、法華経以前の教では「女人をは地獄の使、また或経には大蛇、或経にはまがれ木のごとし、或経には仏種をい(煎)れる者とこそとかれて候へ」記すとともに「此の法華経計りに此の経を持つ女人は一切の女人に・すぎたるのみならず一切の男子にこえたりとみえて候」と諭し、法華経のみが女人成仏の経であると断じている。さらに33歳の厄年について法華経へ導かれることにより「三十三のやくは転じて三十三のさいはひとならせ給うべし、七難即滅・七福即生とは是なり」と日眼女を励まされておられる。
■ご真筆: 宮津市妙円寺他三ヶ所、断簡所蔵。
f0301354_2242428.jpg


[四条金吾殿女房御返事 本文]

 所詮日本国の一切衆生の目をぬき神をまどはかす邪法・真言師にはすぎず。是は且らく之を置く、十喩は一切経と法華経との勝劣を説かせ給うと見えたれども、仏の御心は・さには候はず、一切経の行者と法華経の行者とを・ならべて、法華経の行者は日月等のごとし、諸経の行者は衆星燈炬のごとしと申す事を詮と思し食され候。なにを・もつて・これを・しるとならば、第八の譬の下に最大事の文あり、所謂此の経文に云く「有能受持是経典者亦復如是於一切衆生中亦為第一」等云云。
 此の二十二字は一経・第一の肝心なり。一切衆生の眼目なり。文の心は法華経の行者は日月・大梵王・仏のごとし、大日経の行者は衆星・江河・凡夫のごとしと・とかれて候経文なり。されば此の世の中の男女僧尼は嫌うべからず、法華経を持たせ給う人は一切衆生のしうとこそ仏は御らん候らめ。

 梵王・帝釈は・あをがせ給うらめと・うれしさ申すばかりなし。又この経文を昼夜に案じ、朝夕によみ候へば常の法華経の行者にては候はぬにはんべり。是経典者とて者の文字はひととよみ候へば此の世の中の比丘・比丘尼・うば塞・うばいの中に法華経を信じまいらせ候・人人かと見えまいらせ候へば、さにては候はず、次下の経文に此の者の文字を仏かさねてとかせ給うて候には、若有女人ととかれて候、日蓮法華経より外の一切経をみ候には、女人とは・なりたくも候はず。或経には女人をば地獄の使と定められ、或経には大蛇と・とかれ、或経にはまがれ木のごとし、或経には仏種をいれる者とこそとかれて候へ。

 仏法ならず外典にも、栄啓期と申せし者の三楽をうたひし中に無女楽と申して天地の中女人と生れざる事を一の楽とこそ・たてられて候へ。わざはひは三女より・をこれりと定められて候に、此の法華経計りに此の経を持つ女人は一切の女人に・すぎたるのみならず一切の男子に・こえたりとみえて候。

 所詮・一切の人にそしられて候よりも、女人の御ためには・いとをしと・をもはしき男に・ふびんと・をもはれたらんにはすぎじ。一切の人はにくまばにくめ、釈迦仏・多宝仏・十方の諸仏・乃至梵王・帝釈・日月等にだにも・ふびんと・をもはれまいらせなば、なにかくるしかるべき。法華経にだにも・ほめられたてまつりなば、なにか・くるしかるべき。

 今三十三の御やくとて御布施送りたびて候へば、釈迦仏・法華経・日天の御まへに申し上て候。又人の身には左右のかたあり、このかたに二つの神をはします、一をば同名・二をば同生と申す。此の二つの神は梵天・帝釈・日月の人をまほらせんがために、母の腹の内に入りしよりこのかた一生をわるまで影のごとく眼のごとく・つき随いて候が、人の悪をつくり善をなしなむどし候をば、つゆちりばかりも・のこさず天にうたへまいらせ候なるぞ。

 華厳経の文にて候を、止観の第八に天台大師よませ給へり、。し信心のよはきものをば法華経を持つ女人なれども・すつると・みえて候。例せば大将軍よはければ・したがうものも・かひなし。弓よはければ絃ゆるし、風ゆるければ波ちゐさきは自然の道理なり。而るにさえもん殿は俗の中・日本には・かたをならぶべき者もなき法華経の信者なり。是にあひつれさせ給いぬるは日本第一の女人なり。法華経の御ためには竜女とこそ仏は・をぼしめされ候らめ。女と申す文字をば・かかるとよみ候、藤の松にかかり女の男にかかるも今は左衛門殿を師と・せさせ給いて、法華経へみちびかれさせ給い候へ。
 又三十三のやくは転じて三十三のさいはひとならせ給うべし、七難即滅・七福即生とは是なり。年は・わかうなり福はかさなり候べし、あなかしこ・あなかしこ。

正月二十七日   日 蓮 花押
四条金吾殿女房御返事

by johsei1129 | 2015-03-08 22:44 | 四条金吾 | Comments(0)


<< 法華経第七に云く「此の経は則ち...      仏滅後妙法華経の一偈一句を聞い... >>